IBMは米国時間10月17日、Quest Diagnosticsと提携し、新サービス「IBM Watson Genomics from Quest Diagnostics」を米国の地域におけるがん専門医に提供すると発表した。米国におけるがん治療のおよそ70%はこれらの専門医によって支えられている。

今回の提携は、がんの精密医療を進展させ、米国各地での治療に役立てることが目的だという。

このサービスの立ち上げにより、IBMとQuest Diagnosticsは「IBM Watson」の持つ認知コンピューティングの力と、Quest Diagnosticsの腫瘍分析における専門知識を組み合わせることになる。同サービスにはメモリアルスローンケタリングがんセンター(MSK)も協力している。MSKは臨床的エビデンスを集積した「OncoKB」データベースへのアクセスをWatsonに提供する。また、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が共同で運営するブロード研究所もゲノムシーケンスの解析能力を提供する。

続きを読む
http://japan.zdnet.com/article/35090988/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:ZDNet Japan
http://japan.zdnet.com/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »