米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~

多くのがんにとって一般的な転移部位である肺の内部において、抗がん免疫反応が阻害されるメカニズムを研究者らがマウス実験で特定した。このメカニズムには、T細胞の抗がん活性による酸素の阻害が関わっている。免疫細胞の酸素を感知する能力を遺伝子的または薬理学的に抑制することで、肺転移が阻止されたのである。この研究は、米国国立がん研究所(NCI)Center for Cancer ResearchのNicholas Restifo医師および同研究所の医師ら、米国国立アレルギー・感染症研究所の研究者らにより実施された。どちらの研究所も米国国立衛生研究所(NIH)の構成機関である。今回の結果は、2016年8月25日にCell誌に掲載された。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/51793.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事