「何か良い治療法はないでしょうか?」

 目をふせがちで不安げな様子の40代男性。
 進行胃がんで、これまで何種類もの抗がん剤の治療を受け、セカンドオピニオン(別の医師の意見)を聞きに来られました。
 抗がん剤の副作用で髪は抜け、肌の色は黒っぽくなっていました。

 詳しくお聞きすると、
 主治医から、
 「標準治療は終了した。これ以上の治療がない、ホスピスを紹介する」と言われ、いてもたってもいられなくなったそうです。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160903-OYTET50000/?catname=column_katsumata-noriyuki

ニュース選定者:可知 健太
引用元:YOMIURI ONLINE yomiDr. ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/


人気記事