【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

早期に効果判定へ 臨床研究始まる


  • [公開日]2016.08.31
  • [最終更新日]2017.11.13[タグの追加] 2017/11/13

高額な新しいタイプの抗がん剤オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)について、専門医のグループが、早期に効果を判定するための臨床研究を始めた。オプジーボは免疫反応を高めてがん細胞を攻撃する薬で、1人当たり1カ月約250万円と高額だが、効果のある患者は全体の2〜3割程度とされる。効くかどうかを見極める指標を見つけ、無駄な投与を省き、薬剤費の削減を目指す。

続きを読む
http://mainichi.jp/articles/20160831/ddm/016/040/003000c

ニュース選定者:中島 香織
引用元:毎日新聞
http://mainichi.jp/

×

記事ランキング