免疫力の個人差が肺がんの発症しやすさと関係していると、国立がん研究センターなどのチームが、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した。肺がんの発症予測や予防、治療などに役立つと期待される。

 肺がんは、がんの中で最多の年間約7万4000人が亡くなる。肺がんの中でも最も多い「肺腺がん」は、たばこを吸わない人も発症することが多く、予防が難しい。

 チームは、肺腺がんの約半数を占める、特定の遺伝子に変異を持つがん患者約3000人と、がんではない約1万5000人で、約70万か所の遺伝子のパターンの違いを比べた。

続きを読む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010001-yomidr-sctch

ニュース選定者:滝澤 宏隆 
引用元:YAHOO JAPAN ニュース
http://news.yahoo.co.jp/


人気記事