アンドロゲン非依存性あるいは去勢抵抗性前立腺がんともよばれる進行前立腺がんにおいて、主要な腫瘍活性化(ドライバー)分子の働きを阻害する代替的アプローチが特定された。
前立腺がん細胞株や、いくつかの前立腺がんモデルマウスにおいて、ROR-γと呼ばれるタンパク質を標的とした、’薬らしい (drug-like)’小分子を用いた治療が、アンドロゲン受容体(AR)の活性を抑えていることを研究者らは示した。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/39030.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元::海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事