肝臓がん患者さんとご家族対象 治療に関するアンケート調査にご協力ください

〝インチキ治療〟さえ見過ごされる日本のがん対策の現状 – 勝俣範之 (日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授)


  • [公開日]2017.10.20
  • [最終更新日]2017.10.20

がんは、1981年から、常に日本人の死因のトップである。2015年には約37万人ががんで亡くなり、死因の28%を占めている。がん対策は、日本において重要課題と考えられる。

続きを読む
http://blogos.com/article/253508/?p=1

ニュース選定者:中島 香織
引用元:BLOGOS
http://blogos.com/

×

リサーチのお願い