ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン、いわゆる子宮頸がん予防ワクチンの接種後に出現したさまざまな症状で苦しんでいる10~20代の女性たちが原告となって、国とワクチンメーカー2社に対して集団訴訟が起こされる模様である。ある国会議員は以前にネット上で「これは第2のサリドマイド薬害になるかもしれない」とツイートした。しかし過去に薬害のレッテルを貼られたものの中には、まさしく真犯人であった薬剤もあれば、冤罪と呼ぶべき嫌疑をかけられた薬剤も存在する。

続きを読む
http://medg.jp/mt/?p=6893

ニュース選定者:可知 健太
引用元:MRIC by 医療ガバナンス学会
http://medg.jp/mt/


人気記事