国立がん研究センターは、専門医が最良として推奨する治療法(標準治療)の実施率に関する初の調査結果をまとめた。分析した9項目を合計した実施率は68%。

 年齢や体調を考慮して実施しなかった例を除くと6項目で実施率は9割と高かった。「標準治療を行わない理由」が分からないケースが多い項目が一部あり、同センターは理由を解明していきたいとしている。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160608-OYTET50033/

ニュース選定者:可知 健太
引用元:yomiDr.
https://yomidr.yomiuri.co.jp


人気記事