新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

希少がん

軟骨無形成症 画期的新薬BMN-111 日本における臨床試験導入への「思い」

2015.12.20

  • オンコロブログ

がん領域とは異なりますが、皆さんに是非知って頂きたいことがあります。 軟骨無形成症という先天性の希少疾患を患っている男の子(2歳)の父親であるeihakuさんが、この病気に対する画期的新薬であるBMN ...

未治療の多発骨髄腫患者に対するSLAMF7抗体エロツズマブの併用療法第2相試験

2015.12.20

  • 臨床試験(治験)一覧

この試験の被験者募集は終了しております。 <一般的な説明> 試験概要 この治験は、日本人の未治療の多発骨髄腫患者に対して、エロツズマブ(エムプリシティ)/レナリドミド(レブラミド)/低用量デキサメタゾ ...

治療歴を有す多発性骨髄腫 SLAMF抗体エロツズマブ 米国承認

2015.12.02

  • ニュース

■この記事のポイント ・SLAMF7抗体エロツズマブが治療を受けたことのある多発性骨髄腫にて米国で承認 ・エロツズマブはナチュラルキラー細胞活性を有する。多発性骨髄腫適応として、初の免疫刺激抗体となる ...

医薬品第二部会 非小細胞肺がんオプジーボ 多発性骨髄腫レブラミド等 効能了承

2015.11.30

  • ニュース

11月30日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、進行非小細胞肺がんのオプジーボ、多発性骨髄腫のレブラミド、皮膚T細胞性リンパ腫がタルグレチンが了承されました。

オプジーボ/レンビマ 重大副作用の注意喚起等を追記 厚生労働省が指示

2015.11.24

  • ニュース

11月24日、厚生労働省は医薬品医療機器総合機構(PMDA)を介して、免疫チェックポイント阻害薬 抗PD-1抗体「ニボルマブ(商品名オプジーボ)」について、添付文書(医療関係者用の説明書)の重大な副作 ...

甲状腺髄様がん カプレルサ/前立腺がん、乳がん リュープリンPRO / 悪性軟部腫瘍 ヨンデリス 発売へ

2015.11.20

  • ニュース

11月18日、厚労省の中医協・総会は新薬19製品を11月26日に薬価収載することを決定したと発表しました。 うち、がん関連は3種(診断薬除く)。 甲状腺がんの内、希少タイプである甲状腺髄様がん適応とし ...

募集終了:悪性胸膜中皮腫 BBI608+アリムタ+シスプラチン 併用療法 第1,2相試験

2015.11.11

  • 終了した臨床試験

この試験は、悪性胸膜中皮腫患者への第一選択治療としてBBI608とペメトレキセド(アリムタ)とシスプラチン(ブリプラチン)の3剤を併用投与します。

神経内分泌腫瘍 エベロリムス 好成績 ECC2015(9/18日本承認申請済)

2015.09.29

  • ニュース

 9月25日から29日までオーストラリアのウィーンで開催されている欧州臨床腫瘍学会学術集会(ECC2015)にて、肺原発または消化管原発の神経内分泌腫瘍に対するエベロリムス(商品名アフィニトール)の有 ...

悪性軟部腫瘍 トラペクチデン(ヨンデリス)承認取得

2015.09.29

  • ニュース

 9月28日、大鵬薬品工業株式会社は、抗悪性腫瘍剤トラペクテジン(商品名ヨンデリス点滴静注用)について、「悪性軟部腫瘍」の効能・効果で、厚生労働省より製造販売承認を取得したと発表しました。  本剤は、 ...

本態性血小板血症 Imetelstatは有効の可能性 第2相試験結果

2015.09.07

  • ニュース

Imetelstat(イメテルスタット)の本態性血小板血症に対する第2相試験結果が、世界5大医学誌の1つニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌に掲載されました。Imetelstatは競合的 ...

メラノーマ ヤーボイ/多発性骨髄腫 ファリーダック 発売へ

2015.08.27

  • ニュース

8月26日、厚労省の中医協・総会は8月31日に新薬10製品を薬価収載することを決定したとのことです。 うち、がん関連は2種。 メラノーマ適応の免疫チェックポイント阻害CTLA-4(シーティーエルエーフ ...

PMDA ニボルマブ(オプジーボ)の評価中リスクを公表

2015.08.23

  • ニュース

8月21日、医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)における「過度の免疫反応、重症筋無力症、筋炎、大腸炎、重度の下痢」が評価中リスクである旨を公表 ...

希少がんの診療ネットワーク構築へ(希少がん医療・支援のあり方に関する検討会)

2015.08.10

  • ニュース

7月31日、厚生労働省にて「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」が開催されました。この検討会は、本年3月に設置され、希少がんの医療・支援のあり方について検討しており、これで6回目となります。 第 ...

未分化型甲状腺がん ネクサバールを承認申請 未分化、髄様の標準療法化に期待

2015.08.03

  • ニュース

7 月30日、バイエル薬品株式会社は、分子標的薬ソラフェニブ(商品名:ネクサバール)について、甲状腺がん治療薬として承認申請を行ったと発表しました。 今回の申請は、「根治切除不能な分化型甲状腺がん」に ...

軟部肉腫 ハラヴェンの適応拡大を日米欧同時申請

2015.07.31

  • ニュース

エーザイ株式会社は、エリブリンメシル(商品名ハラヴェン)について、新たに軟部肉腫の効能・効果の追加を日本・米国・欧州の各当局(厚生労働省、FDA、EMA)に対して申請したと発表しました。 ハラヴェンは ...

【皮膚がん】 進行基底細胞がんに対してソニデジブFDA承認

2015.07.30

  • ニュース

7月24日、ノバルティス(スイス)は、米食品医薬品局(FDA)が手術や放射線治療が適応とならない進行基底細胞がんに対するソニデジブ(sonidegib;治験薬コードLDE225)の使用を承認したと発表 ...

スタッフブログ 第3回 希少疾患登録ワークショップ参加レポート

2015.07.17

  • オンコロブログ

オンコロの可知です。 私は日本臨床腫瘍学会ではなく、厚生労働省科学研究難治性疾患政策研究事業などが主催しています「第3回希少疾患登録ワークショップ」に参加しました。 希少疾患の患者さんのデータベース登 ...

悪性神経膠腫 抗体薬物複合体ABT-414の第1/2相試験開始 

2015.07.13

  • ニュース

7月8日、アッヴィ合同会社は、開発中の抗体薬物複合体「ABT-414」について、悪性神経膠腫の国内第1/2相臨床試験を開始すると発表しました。 ABT-414は、分子標的薬に細胞傷害性抗がん剤を結合し ...

リンチ症候群(主に遺伝性大腸がん) ペムブロリズマブ(キイトルーダ)が有効な可能性 ASCO2015

2015.06.11

  • ニュース

5月29日~6月2日にシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO:あすこ)の年次会議中に報道向けに発表された演題のうちの1つとして、「ある遺伝子修復機能に欠陥があるがん患者に対するペンブロリズマブ( ...

小児がん ハイリスクなウィルムス腫瘍(腎芽腫) 薬剤治療の強化が良好な治療成績 ASCO2015

2015.06.04

  • 臨床試験(治験)一覧

5月29日~6月2日にシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会ASCOの年次総会にて、「ある染色体異常を伴うハイリスクなウィルムス腫瘍に対する標準療法の強化に関する第3相臨床試験結果」がカナダ ブリティッシ ...