11月18日、厚労省の中医協・総会は新薬19製品を11月26日に薬価収載することを決定したと発表しました。

うち、がん関連は3種(診断薬除く)。

甲状腺がんの内、希少タイプである甲状腺髄様がん適応として、バンデタニブ(商品名カプレルサ)。血管新生阻害作用とEGFRチロシンキナーゼ阻害作用を持ちます。

前立腺がんおよび閉経前乳がん適応として、リュープリンPRO(商品名)。こちらは既存製剤と比べ24週間に1度の投与で問題ないことから、患者の負担軽減が期待されます。

悪性軟部腫瘍適応として、トラベクテジン(商品名ヨンデリス)。希少がんに対して高い効果が期待される薬剤となります。

【カプレルサ錠100mg(バンデタニブ)】
適応:根治切除不能な甲状腺髄様癌
主な用法・用量:1回300mgを1日1回経口投与
薬価:7,836.40円(1日薬価:16,911円)

【リュープリンPRO注射用キット22.5mg(リュープロレリン酢酸塩)】
適応:前立腺癌、閉経前乳癌用薬
主な用法・用量:通常、成人には24 週に1 回リュープロレリン酢酸塩として22.5mgを皮下に投与する。
薬価:105,039円(1日薬価:-)
参考:前立腺がん/乳がん リュープリン24週間持続製剤 承認取得(オンコロニュース20150929)

【ヨンデリス点滴静注用0.25mgヨンデリス点滴静注用1mg(トラベクテジン)】
適応:悪性軟部腫瘍用薬
主な用法・用量:通常、成人にはトラベクテジンとして1回1.2mg/m2(体表面積)を24時間かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1サイクルとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
薬価:0.25mg 49,307円、1mg 197,698円(1日薬価:-)
参考:悪性軟部腫瘍 トラペクチデン(ヨンデリス)承認取得(オンコロニュース20150929)

新医薬品一覧表(平成27年11月26日収載予定)

記事:可知 健太


この記事に利益相反はありません。

人気記事