9月28日、武田薬品工業はリュープロレリン(商品名リュープリン)の24週間持続製剤である「リュープリン®PRO注射用キット22.5mg(リュープリン24週間持続製剤)」について、厚生労働省から前立腺がんおよび閉経前乳がん治療剤として製造販売承認を取得したと発表しました。

 リュープリンは、LH-RHアゴニスト(黄体形成ホルモン放出ホルモン誘導体)注射用製剤で、脳下垂体に持続的に作用し、脳下垂体の反応性を低下させることで性ホルモンの産生を抑制し、前立腺がんや閉経前乳がんなどのホルモン依存性疾患の治療剤として使用されています。

 現在、日本では4週間持続製剤ならびに12週間持続製剤が発売されています。今回の日本における24週間持続製剤の承認取得は、日本において、前立腺がんおよび閉経前乳がんを対象に、有効性、安全性、薬物動態およびホルモン動態などを検討した2つの第3相臨床試験の結果に基づくものとのことです。

 閉経前乳がん治療剤としては世界初の24週間持続製剤の承認となり、長期治療が必要であるホルモン療法の患者軽減につながるのではと考えています。

 プレスリリースはコチラ

 記事:可知 健太


人気記事