認定NPO法人 希望の会・「オンコロ」共催、毎月第2土曜日に全国各地で開催する胃がんセミナー参加者募集中!

多発性骨髄腫

未治療を含む多発性骨髄腫に対するダラザレックス+Rd併用の追加承認を申請

2019.04.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療を含む「多発性骨髄腫」に対するダラザレックスの追加承認申請 ・海外第3相MAIA試験ではレナリドミドとデキサメタゾン療法への上乗せ効果を検討 ・同試験の結果は第60回 ...

再発難治性多発性骨髄腫患者に対するベネトクラクス+ベルケイド+デキサメタゾン併用療法、21.1%の患者で死亡を確認

2019.03.22

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性多発性骨髄腫患者が対象の第3相試験 ・ベネトクラクス+ベルケイド+デキサメタゾン併用療法の有効性・安全性を比較検証していた ・患者死亡率がプラセボ群の11.3%に ...

多発性骨髄腫、エムプリシティがポマリストデキサメタゾンとの併用療法で適応追加承認申請

2019.02.27

  • ニュース

2月27日、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、SLAMF7抗体エロツズマブ(商品名エムプリシティ)について、再発又は難治性の多発性骨髄腫の適応で、ポマリドミド(商品名ポマリスト)およびデキサ ...

大量化学療法/自家造血幹細胞移植適応のある多発性骨髄腫患者に対するダラザレックス+VRd療法

2019.01.25

  • ニュース

2018年12月1日より4日まで米国・サンディエゴで開催されている第60回米国血液学会(ASH)にて、大量化学療法/自家造血幹細胞移植(HDT/ASCT)適応のある新規多発性骨髄腫患者に対する抗CD3 ...

【治験広告】くすぶり型多発性骨髄腫対象 多発性骨髄腫になる前に知ってほしい 新しい抗体薬の治験のご案内

2019.01.09

  • 多発性骨髄腫
  • 臨床試験(治験)一覧
  • 臨床試験(治験)広告一覧

本ページはヤンセンファーマ株式会社からの委託による治験広告です。 治験実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しています。 お問合せはオンコロへ 【アンケートでお問合せ】 ※アンケートに回答いただく ...

新規多発性骨髄腫患者に対する維持療法としてのプロテアソーム阻害薬ニンラーロ、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に改善する

2018.12.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新規多発性骨髄腫患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・ニンラーロ単剤療法群とプラセボ群を比較検証した試験 ・第Ⅲ相試験で初めてニンラーロ単剤療法の維持療法としての有効性を示した 2 ...

再発難治性多発性骨髄腫患者に対するSelinexor+ベルケイド+デキサメタゾン併用療法、客観的奏効率63%を示す

2018.12.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・Selinexor+ベルケイド+デキサメタゾン併用療法の有効性、安全性を検証した第1/2相試験の結果が公表された ・対象は治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者だった ・プ ...

VRd導入療法後の再発難治性多発性骨髄腫患者に対するPCd療法、客観的奏効率85%を示す

2018.12.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ポマリドミド+シクロホスファミド+デキサメタゾン併用療法の有効性を検証した第2相試験の結果が公表された ・対象はベルケイド+レブラミド+デキサメタゾン併用療法後の再発難治性 ...

再発難治性多発性骨髄腫患者に対するベネトクラクス+カイプロリス+デキサメタゾン、ハイリスク患者に対しても高い奏効を示す

2018.12.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性多発性骨髄腫患者を対象とした用量漸増第Ⅱ相試験 ・ベネトクラクス+カイプロリス+デキサメタゾン併用療法の有効性を検証 ・ハイリスク患者を含む全ての患者に高い奏効率 ...

新規多発性骨髄腫患者に対するレブラミド+デキサメタゾン併用療法後のレブラミド単剤療法の有効性

2018.12.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新規骨髄性白血病患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・レブラミド+デキサメタゾン併用療法後のレブラミド単剤療法の有効性を比較検証 ・レブラミド単剤療法群の方が併用療法継続群より無イ ...

移植非適応多発性骨髄腫患者に対するダラザレックス+レブラミド+デキサメタゾン療法、無増悪生存期間を有意に改善

2018.12.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ダラザレックス+レブラミド+デキサメタゾン併用(DRd)療法の第3相試験の結果が公表された ・対象は未治療の移植非適応多発性骨髄腫患者だった ・DRd群で病勢進行または死亡 ...

再発難治性多発性骨髄腫患者に対するSelinexor+デキサメタゾン、客観的奏効率26.2%を示す

2018.12.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・Selinexor+デキサメタゾン併用療法の有効性・安全性を検証した第2相試験の結果が発表された ・対象は複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者だった ・主要評価項目の ...

未治療の多発性骨髄腫に対する『ダラザレックス』の適応追加承認を申請

2018.12.14

  • ニュース

12月14日、ヤンセンファーマ株式会社は本日、 抗CD38抗体ダラツムマブ(商品名ダラザレックス)について、未治療を含む「多発性骨髄腫」の効能・効果の追加に係る製造販売承認事項一部変更承認を申請した。 ...

多発性骨髄腫患者に対する抗CD38抗体ダラザレックス+VMP療法、2年無増悪生存率63%を示す

2018.12.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新たに多発性骨髄腫と診断された方に対する治療 ・VMPにダラザレックスを上乗せしたときの効果 ・2年無増悪生存期間はVMP36%に対してダラザレックス上乗せすると63% 2 ...

多発性骨髄腫患者に対するカイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン併用療法とレブラミド単剤療法の忍容性・有効性を確認

2018.11.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新規多発性骨髄腫患者対象の第2相試験 ・カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン併用療法の治療関連有害事象等を検証 ・導入療法としてKRd療法、維持療法としてR単剤療法の忍 ...

再発難治性多発性骨髄腫に対するエンプリシティ+ポマリスト+デキサメタゾンで無増悪生存期間を有意に延長

2018.11.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者対象の第2相試験 ・エンプリシティ+ポマリスト+デキサメタゾン併用療法の無増悪生存期間等を検証 ・無増悪生存期間を統計学有意に改善 ...

【募集終了】多発性骨髄腫の治療に関するインタビューにご協力をお願いします

2018.10.25

  • 終了リサーチ

本調査の募集は終了しました。ご協力、誠にありがとうございました。 この調査は(株)スガタリサーチより依頼を受けオンコロが募集の協力をしております。 調査目的について 今回の調査は、米国に本社がございま ...

多発性骨髄腫治療薬ポマリドミドの3剤併用療法の用法・用量追加を申請

2018.10.03

  • ピックアップ

セルジーンは9月26日、多発性骨髄腫治療薬であるポマリドミドの用法・用量について、ボルテゾミブとデキサメタゾンとの3剤併用療法を追加する製造販売承認事項一部変更承認申請を行ったと発表した。 続きを読む ...

腎機能障害のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対する免疫調節薬(IMids)レブラミドの最適投与量・投与間隔

2018.09.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腎機能障害のある多発性骨髄腫患者を対象にレブラミドの安全性、有効性を検証した試験 ・腎機能障害別に割り付けをし、レブラミドの最大耐用量を調べた ・通常容量の投与、透析患者で ...

抗CD38モノクローナル抗体薬ダラザレックスベースの治療後の再発難治性多発性骨髄腫患者に対する免疫調節薬(IMids)、プロテアソーム阻害薬(PI)の再投与

2018.09.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・免疫調節薬またはプロテアソーム阻害薬抵抗性を示した患者に再投与し有効性を検証 ・抵抗性を示した後、ダラザレックス(単剤または他剤併用)治療をした患者に再投与した ・いずれも ...