「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

アテゾリズマブ

複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者に対するテセントリク+コビメチニブ併用療法、全生存期間を統計学有意に改善しない

2019.04.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある局所進行性または転移性大腸がん患者が対象の第3相試験 ・テセントリク+コビメチニブ併用療法とテセントリク単剤療法をスチバーガ単剤療法と比較検証 ・スチバーガ ...

治療歴のある局所進行性/転移性尿路上皮または非尿路上皮がんに対するテセントリク単剤療法のリアルワールドデータ

2019.03.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行性/転移性尿路上皮または非尿路上皮がん患者が対象の第3b相試験 ・テセントリク単剤療法の有効性・安全性を検証 ・忍容性は問題なく客観的奏効率は13%だった 2019 ...

進展型小細胞肺がんの一次治療でテセントリクと化学療法併用をFDAが承認

2019.03.28

  • ニュース

3月19日、スイス・ロシュ社は、進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)の成人患者に対する抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名:テセントリク)とカルボプラチンおよびエトポシド(化学療法)併用の一次治療を ...

米国にて、トリプルネガティブ乳がんに対するテセントリクとパクリタキセルとの併用を承認 

2019.03.12

  • ニュース

3月11日、ロシュ社は米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:以下FDA)が承認した検査法により腫瘍中のPD-L1発現が認められた切除不能な局所進行または転移性のト ...

免疫チェックポイント阻害薬の今後の臨床試験のあり方を考える

2019.01.15

  • ニュース

2006年以降に開始されたPD1/PDL1標的薬の臨床試験は計2250本 プログラム細胞死受容体(PD1)やそのリガンドPDL1を標的とするモノクローナル抗体、いわゆるPD1/PDL1免疫チェックポイ ...

オプジーボ、キイトルーダ、テセントリク、ヤーボイなど免疫チェックポイント阻害薬による全生存期間の改善効果に男女差なし

2019.01.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けた進行性固形がん患者対象のメタアナリシス試験 ・抗PD-1/PD-L1抗体薬、抗CTLA-4抗体薬などによる全生存期間の改善効果の ...

テセントリク、進行乳がん適応にて承認申請 ~免疫チェックポイント阻害薬で初の乳がん適応へ

2018.12.21

  • ニュース

12月21日、中外製薬株式会社は、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)について、転移性または切除不能な局所進行乳がんに適応追加の承認申請を行ったと発表した。 今回の申請は、国際共同第3 ...

非小細胞肺がんに対して、キイトルーダまたはテセントリクの化学療法併用療法が承認取得

2018.12.21

  • ニュース

テセントリクとキイトルーダが化学療法と併用可能に 12月21日、中外製薬株式会社は、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)に関して、以下の国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発 ...

PD-L1抗体テセントリク 免疫チェックポイント阻害薬で初めての小細胞肺がん承認申請

2018.12.07

  • ニュース

12月7日、中外製薬株式会社は、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)の進展型小細胞肺がんに対する効能・効果追加について、本日、厚生労働省に承認申請を行ったと発表した。非小細胞肺がんでは ...

未治療の進行性腎細胞がん患者さんに対するカボザンニチブ+テセントリク併用療法、客観的奏効率(ORR)67%を示す

2018.11.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療腎細胞がん患者対象、CABOMETYX+テセントリク有効性・安全性を検証 ・全患者群の客観的奏効率は67%、用量制限毒性・重篤な有害事象は本試験では確認されず ・良好 ...

欧州臨床腫瘍学会 ESMO 2018 速報版レポート ~IMmotion151試験~

2018.10.22

  • オンコロブログ

未治療の転移性腎細胞がんの患者におけるアテゾリズマブ/ベバシズマブ併用の臨床試験結果 IMmotion151 フェーズ3試験 #LBA31 ドイツのミュンヘンで開催されているESMO2018でIMmo ...

トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリクとアブラキサン併用療法が有効

2018.10.22

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・トリプルネガティブ乳がんに対する待望の第3相試験結果 ・免疫チェックポイント阻害薬テセントリクと化学療法の併用 ・PD-L1陽性患者にて、生存期間9.5ヵ月延長、死亡リスク ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法増悪後にテセントリク単剤療法を継続投与、全生存期間(OS)12.7ヶ月を示す

2018.10.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・既に発表された進行非小細胞肺がん患者対象の試験の別角度のから解析 ・病態進行があってもテセントリクを使用した方のデータ ・(本試験では病態進行時も継続使用可能であった) ・ ...

複数治療歴のある進行性頭頸部がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法、客観的奏効率(ORR)22%を示す

2018.10.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・既治療頭頸部がん患者を対象としてテセントリク単剤療法の第Ⅰ相試験 ・グレード5の治療関連有害事象は確認されず、抗腫瘍効果も認められた ・抗腫瘍効果はPD-L1発現率・HPV ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬バベンチオ、ドセタキセルに比べて全生存期間(OS)を統計学有意に改善しない

2018.10.12

  • ニュース

2018年9月24日、医学誌『The Lancet Oncology』にてプラチナ製剤ベースの化学療法後に病勢進行した切除不能転移性または再発非小細胞肺がん患者に対するアベルマブ(商品名バベンチオ;以 ...

免疫チェックポイント阻害薬に関連する致死的な治療関連有害事象(TRAE)の種類とその発症時期を検証したメタアナリシス試験の結果

2018.10.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・免疫チェックポイント阻害薬の致死的な有害事象の発症時期や種類などを検証した ・過去9年分のWHOのデータをもとに検証したメタアナリシス試験 ・治療レジメンごとに発症時期や種 ...

未治療進展型小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク+化学療法、死亡(OS)のリスクを30%、病勢進行または死亡(PFS)のリスクを23%統計学的有意に減少

2018.10.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療小細胞肺がん患者対象の免疫チェックポイント阻害薬の第三相試験 ・テセントリク+化学療法併用療法の有効性を標準化学療法と比較検証した ・既存の標準治療よりもよい成績を修 ...

進行性非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対する1次治療としての抗PD-L1抗体薬テセントリク+化学療法、病勢進行または死亡(PFS)のリスクを40%統計学的有意に減少する

2018.10.02

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療非小細胞肺がん患者対象の免疫チェックポイント阻害薬の第三相試験 ・テセントリク+化学療法併用療法の有効性を標準化学療法と比較検証した ・一部最終結果が出ていないが、テ ...

転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法、奏効持続期間(DOR)21ヶ月を示す

2018.09.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・トリプルネガティブ乳がん患者対象の第1相試験 ・既治療・未治療の患者を対象に抗PD-L1抗体薬テセントリクの有効性・安全性を検証 ・安全性、忍容性があり、早期治療ラインでの ...

国際肺癌会議 速報版レポート ~Impower132試験~

2018.09.26

  • オンコロブログ

ステージⅣ非小細胞肺がん1次治療 アテゾリズマブ(商品名テセントリク;以下テセントリク)+カルボプラチン/シスプラチン+ペメトレキセドの臨床試験結果 試験デザイン EGFR及びALK変異陽性を除く化学 ...