がん種一覧

大腸がんの種類と分類

2017.02.20

  • がん種一覧
  • 大腸がん

大腸がんの検査と診断 大腸がん検診(便潜血検査)が陽性の場合や、血便や便通異常などの自覚症状がある場合には、内視鏡検査を行い、大腸がんがあるかどうかを診断します。そのほか、がんの進み具合を調べるために ...

大腸がんの放射線療法

2017.02.20

  • がん種一覧
  • 大腸がん

放射線療法について 放射線療法は、がんの三大療法の1つで、がん細胞を死滅させるために高エネルギーの放射線を照射する治療法です。大腸がんでは、主に直腸がんに対して、手術前にがんを小さくして人工肛門を回避 ...

大腸がんの化学療法

2017.02.20

  • がん種一覧
  • 大腸がん

化学(薬物)療法について 化学療法とは、薬物(抗がん剤や分子標的薬)を使ってがん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりする治療法です。大きく分けて、手術後の再発予防のために行う化学療法と、転移・再発を起こし ...

大腸がんの手術療法

2017.02.20

  • がん種一覧
  • 大腸がん

手術(外科治療) 大腸がんの手術の基本は、がんがある部分を含む腸管の切除とリンパ節郭清です。最近では、腹腔鏡手術も増えています。結腸がんの手術では術後の生活にほとんど影響はありませんが、直腸がんの手術 ...

膀胱がんの再発転移

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

転移がんの治療 リンパ節やほかの臓器に転移がある場合には、膀胱を全摘しても効果が期待できないため、TURBT後は全身化学療法を行い、できるだけ長くこれまで通りの生活が続けられるようにします。このときの ...

膀胱がんの化学療法・副作用

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

副作用について 膀胱内BCG注入療法の副作用 BCG注入療法では膀胱炎、排尿障害が要注意です。抗がん剤の主な副作用は投与直後の吐き気、アレルギー反応、1週間目以降に出現する骨髄抑制、口内炎です。脱毛、 ...

膀胱がんの化学療法

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

化学(薬物)療法について 再発リスクの高い表在性がん、あるいは上皮内がんの場合にはBCG注入療法を、がんがリンパ節や別の臓器に転移している場合には、全身化学療法を行います。転移がない病期Ⅲの人にも、再 ...

膀胱の摘出について

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

膀胱の摘出について 膀胱を摘出したときには、尿の出口とためておく場所をつくる尿路変向術を受け、排尿するためのリハビリテーションを行います。尿路変向術にはいくつか種類があり、自分のライフスタイルに合わせ ...

膀胱がんの手術療法

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

手術(外科治療) 表在性がんや上皮内がんの場合には、膀胱鏡と高周波電気メスで”がんを切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)を行い膀胱は温存します。がんを切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術 ...

膀胱がんのステージ

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

膀胱がんのステージ(病期) 膀胱がんの病期は腫瘍の深達度と広がり方、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって、0a、Ois~Ⅳ期の6段階に分類されます。治療法は表在性がん、上皮内がん、浸潤性がん、転 ...

膀胱がんとは (疾患情報)

2015.01.25

  • がん種一覧
  • 膀胱がん

膀胱がんとは 膀胱がんは、腎臓でつくられた尿を一時的にためておく袋である膀胱にできるがんです。血尿で発見されることが多く、表在性がん(筋層非浸潤性がん)、浸潤性がん、転移がんなどのタイプに分けられます ...

肝臓がんの治療=放射線療法=

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

陽子線治療・重粒子線治療について  肝臓がんの放射線療法では、陽子線治療と重粒子線治療が注目されています。放射線の一種である陽子線や重粒子線を利用した治療法で、強いパワーにより集中的にがんを破壊し、周 ...

肝臓がんの治療=化学療法=

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

全身化学療法の分子標的治療とは  肝臓がんには有効な抗がん剤がなく、全身化学療法は行われてきませんでした。しかし、がん細胞の増殖やがんに栄養を送る血管がつくられるのを抑制して、効果を発揮する分子標的薬 ...

肝臓がんの治療=肝動脈化学塞栓療法=

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

肝動脈化学塞栓療法について  肝動脈化学塞栓療法は、がんに栄養を送っている肝動脈に塞栓物質を詰めて血流を止め、がんを兵糧攻めにするとともに、抗がん剤で攻撃する治療法です。手術やラジオ波焼灼療法では治療 ...

肝臓がんの治療=手術療法について=

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

肝臓がん治療について  肝臓がんの治療は、病期と肝臓の障害の程度を考慮して決められます。主な治療法は、肝臓を切除する手術療法、ラジオ波の熱でがんを焼くラジオ波焼灼療法、エタノールを注入してがんを壊死さ ...

肝臓がんの種類と分類

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

肝臓がんのステージ(病期)  肝臓がんは、がんの個数、大きさ、血管を巻き込んでいるかいないか、転移があるかないかということから4つの病期(ステージ)に分類されます。  肝臓がんの生存率は、年々向上して ...

肝臓がん(肝細胞がん)の基礎知識

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

肝臓とは 肝臓は、体の右側の肋骨の下にある、体内で最も大きな臓器です。主に身体に必要な物質の合成・貯蔵、体内に入ってきた有害物質の解毒・代謝します。また肝臓は、食べ物の消化に必要な胆汁を合成し、胆管か ...

肝臓がんの治療=ラジオ波焼灼療法=

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 肝臓がん

ラジオ波焼灼療法について  再発率の高い肝臓がんの有効な治療法として開発された経皮的局所療法には、ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法などの方法があります。その中でも根治性や安定性の面からラジオ波焼灼 ...

肝移植について

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 腎細胞がん

 肝移植は、肝臓がんの人の肝臓をすべて摘出し、健康な人の肝臓の一部、または脳死した人の肝臓の全部を移植する、再生能力が高い肝臓ならではの治療です。手術の適応(ミラノ基準)や実施できる医療機関は厳しく条 ...

肝臓がん(肝細胞がん)の検査と診断・分類

2014.03.01

  • がん種一覧
  • 腎細胞がん

肝臓がん(肝細胞がん)の検査 肝細胞がんの多くは無症状のまま進行するため、がん発症の危険因子を有する症例においては、定期的なサーベイランス(検査)が重要です。B型およびC型慢性肝炎、非ウイルス性の肝硬 ...