ステージ(病期)と種類・分類について

腎盂・尿管がんのステージ病期)は、「腎盂・尿管・膀胱がん取扱い規約(日本泌尿器科学会ほか編)に記載されているTNM分類がよく用いられ、治療方針の決定にも利用されています。TNM分類は、①T:腫瘍がどのくらい浸潤しているか、②N:リンパ節への転移とその度合い、③M:遠隔転移の有無、といった観点で腎盂・尿管がんの病状や種類を分類したものです。詳細を以下に示します。


これらを総合し,0期~4期までの5段階の病期分類を行います。
・0期:TaもしくはTisで,リンパ節への転移や遠隔転移が認められない。
・1期:T1でリンパ節への転移や遠隔転移が認められない。
・2期:T2でリンパ節への転移や遠隔転移が認められない。
・3期:T3でリンパ節への転移や遠隔転移が認められない。
・4期:T4もしくはリンパ節への転移や遠隔転移が認められる。

×

腎盂・尿管がんの治験・臨床試験広告


記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »