成人患者主体のがん専門病院で始まった取り組み―がん研究会有明病院「GCLS研究会」

がんと告知されたとき、患者自身はもちろん、家族も大きな衝撃を受ける。特に患者の子どもは、その後の生活環境が急激に変化するだけでなく、心理的なストレスを抱えて過ごすことを余儀なくされる。しかし、日本の成人患者を主体とするがん専門病院では、患者の子どもの問題が十分理解され、支援されているとは言えないのが現状である。

続きを読む
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/201607/547664.html

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:がんナビ
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/


人気記事