!!緊急募集中!!肝臓がん患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

iPS細胞技術で、がん遺伝子の働きを制御することが可能に-CiRA


  • [公開日]2017.01.12
  • [最終更新日]2017.03.02

京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)は1月5日、iPS細胞技術により、がん化に関わる遺伝子であるApc遺伝子の働きを変えられること、さらに腫瘍細胞の運命を制御できることを明らかにしたと発表した。
この研究成果は、米国科学アカデミー紀要にオンライン公開されている。

続きを読む
http://www.qlifepro.com/news/20170111/with-ips-cell-technology-it-is-possible-to-control-the-function-of-oncogene.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:医療ニュース
http://www.qlifepro.com/news

×

リサーチのお願い