新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】薬物療法が尽きる局面が到来しつつあったとき…「サルベージ手術」の提案でがん切除に道


  • [公開日]2020.10.16
  • [最終更新日]2020.10.16

今年の7月、ステージⅣの肺がん患者、吉仲勇さんに浮上した緩和ケアの選択肢。
2016年1月にがん研有明病院でがんと診断されてから、4年余りも生き延びてきた。
野球の継投のようにいくつもの薬物療法をつないできた賜物だが、それも尽きる局面が到来しつつあった。

続きを読む
https://ux.nu/IwW9Y

ニュース選定者:中島 香織

zakzak
https://www.zakzak.co.jp/

×

リサーチのお願い