病気の治療と仕事の両立をどう支援していくかがテーマとなった24日の「働き方改革実現会議」の第2回会合。注目を集めたのは、有識者議員として参加する俳優の生稲(いくいな)晃子さんの提言だった。自身のがん治療の経験をもとに政府に対して具体的な支援策の案を示した。

 「がんになった社員に対して、主治医、会社、産業医・心理カウンセラーの『トライアングル的な連携サポート』ができるのではないか」

 生稲さんは、首相官邸4階の大会議室で安倍晋三首相を前に切り出した。2011年に乳がんを発症。摘出手術を受け、今も治療を続ける。がん治療の副作用には、抗がん剤による脱毛やむくみのように周囲から見えやすい症状だけでなく、別の治療による倦怠(けんたい)感やのぼせ、軽いうつ症状など「他人に見えにくい副作用」がある。このため、働く意欲を維持し続けることが大変で、モチベーションの低下を理由に会社を辞めてしまう人も多い、と指摘した。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/ASJBT0HFRJBSUBQU00N.html?iref=sp_apitop

ニュース選定者:中島 香織
引用元:朝日新聞
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top


人気記事