国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援部の高橋都と申します。
がんサバイバーシップとは、聞きなれない言葉かもしれませんが、がんになったあとを生きていくプロセス全体のことを意味します。「がんサバイバーシップ支援部」は、がんになった後の暮らしをより長期的に考える研究部門として、2013年に発足しました。就学就労、経済的問題、がんの体験などについて調査を行い、本人や周りの方が使えるような冊子の制作や、社会啓発、人材育成に取り組んでいます。

続きを読む
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/246600.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:NHK 解説委員室
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/index.html


人気記事