デューク大学医療センター

「ミステリー・ショッパー(覆面調査員)」のアプローチを用い、Duke Cancer Instituteの研究者らが匿名で国内の総合がんセンターの大半へ電話をし、緩和ケアを受けられるかどうか尋ねたところ、正確な情報への障壁が40%近くにのぼることがわかった。

この結果は2016年がんにおける緩和ケアシンポジウムの報道向けプログラムにおいて報告され、研究者らは、導入として真っ先に得られた情報が誤解を受ける内容だと、患者が必死に探し求めていた緩和ケアへのアクセスを妨害しうると述べた。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/52081.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事