眼や耳に発症することも

日本人の死因の上位を占めるがん。一口にがんと言っても、さまざまな種類があります。
がんのなかでも死因のトップを占める「大腸がん」や「肺がん」、「乳がん」など(厚生労働省「人口動態統計」2014年)はよく聞くもので、症状や治療法についてもご存知の方も多いでしょう。

一方で、がんには「希少がん」と呼ばれる患者数が少なく珍しいがんもあります。なかには、眼や耳に発症する「眼腫瘍」「聴器がん」といったものもあり、不調を感じてもまさかがんだとは思わず治療が遅れてしまう、ということもあるかもしれません。

続きを読む
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000792.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:healthクリック
http://www.health.ne.jp/


人気記事