四国のがん治療の拠点、独立行政法人国立病院機構四国がんセンター(松山市南梅本町)。10年前に堀之内から現在地に移転して以来、緩和ケアに力を入れ、多くの専門病院のモデルになる取り組みを進めている。同病院の緩和ケアの体制や現状について、栗田啓院長ら5人の医師、看護師に語り合ってもらった。

−−緩和ケアではどういう治療をするのでしょうか。

続きを読む
http://mainichi.jp/articles/20160925/ddn/010/040/051000c

ニュース選定者:可知 健太
引用元:毎日新聞
http://mainichi.jp/


人気記事