腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

病院で出会った子供は2万人以上!日本初のファシリティドッグ「ベイリー」が引退


  • [公開日]2018.10.24
  • [最終更新日]2018.10.24

日本初のファシリティドッグとして、病気の子供たちに寄り添ってきたゴールデンレトリバーの「ベイリー」が引退した。
「ファシリティドッグ」とは、病院に常勤して医療チームの一員として働けるように、専門的なトレーニングを受けた犬。
指導役の看護師「ハンドラー」とペアで活動し、単なる患者との触れ合いにとどまらず、小児がんや重い病気の治療にも関わる。

続きを読む
http://ux.nu/dXdqa

ニュース選定者:中島 香織
IRORIO
https://irorio.jp/

×