胃食道逆流症はバレット食道の主な危険因子の1つで、バレット食道は食道腺癌の最大の危険因子だ。
英国Morecambe Bay大学病院のJanusz A Z Jankowski氏らは、バレット食道患者を対象に、エソメプラゾールとアスピリンの食道腺がんの予防効果を調べるため、4つの群にランダム割り付けして長期追跡する試験を行い、高用量のエソメプラゾールとアスピリンを併用した場合の利益が最も大きかったと報告した。

続きを読む
https://goo.gl/jhVWkp

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »