スプレー蛍光試薬によってがん細胞だけを光らせ、診断や治療の明確なガイドとする――。そんな手法の有効性が、人由来の検体で確かめられた。食道がんを選択的に光らせ、周囲の正常組織と識別することに、東京大学の研究グループが成功した。

 東京大学大学院 医学系研究科・薬学系研究科教授の浦野泰照氏らはかねて、がん細胞で活性が上昇している特定のたんぱく質分解酵素の存在によって光る試薬(蛍光プローブ)を開発。がんを発症させたモデル動物でその機能を証明してきた(関連記事)。ただし、多様性が大きい人の組織でこの手法が有効であるかどうかは、確かめられていなかった。


続きを読む
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060302428/?n_cid=nbptec_ndhfb

ニュース選定者:可知 健太
引用元:日経デジタルヘルス
http://techon.nikkeibp.co.jp/ndh/


人気記事