「AYA世代」と呼ばれる10代半ばから30代にかけての若年世代のがんは、小さい子供や中年以降の患者に比べ治療の改善や研究が遅れがちだった。しかし近年、専門病棟を開設し、治療や社会生活支援の経験を蓄積する動きが出てきた。国のがん対策でも今後、光が当たる可能性がある。

続きを読む
http://www.sankei.com/life/news/160823/lif1608230010-n1.html

ニュース選定者:柳澤 昭浩
引用元:産経ニュース
http://www.sankei.com/


人気記事