世界最古のがんの症例が、2体のミイラから発見された。ミイラは、エジプトのアスワンにあるエル・ハワの遺跡から発掘された9才の男児と成人女性のものである。グラナダ大学率いる国際調査チームはCTスキャンの調査を行い、女性には乳がんが、男児には多発性骨髄腫が認められたと発表している。

続きを読む
http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20171222/417402.html?utm_source=news_pics&utm_medium=app

ニュース選定者:可知 健太
引用元:財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/

×

人気記事