【6月28日(金)/ 東京・日本橋】腎細胞がんセミナー参加申込受付中!

イムブルビカ

ハイリスク慢性リンパ性白血病患者に対するファーストライン治療としてのイムブルビカ+ベネトクラクス併用療法、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.06.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハイリスク慢性リンパ性白血病患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのイムブルビカベネトクラクス併用療法の有効性・安全性を検証 ・完全寛解率はイムブルビカ+ベネ ...

イムブルビカ治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者に対するアカラブルチニブ単剤療法、客観的奏効率76%を示す

2019.05.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・イムブルビカ治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者が対象の第1/2相試験 ・アカラブルチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は76%で、忍容性も問題なか ...

再発難治性慢性リンパ性白血病患者に対するCAR-Tキムリア治療前、治療中または治療後のBTK阻害薬イムブルビカ療法

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性慢性リンパ性白血病患者対象の第I/II相試験 ・イムブルビカ投与群と非投与群の有効性、安全性を比較検証 ・イムブルビカ単剤療法は忍容性が良好でCAR-T療法の治療 ...

未治療の慢性リンパ性白血病高齢者患者に対するBTK阻害薬イムブルビカ単剤、リツキサン併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に改善

2018.12.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の慢性リンパ性白血病の高齢患者対象の第Ⅲ相試験 ・イムブルビカ単剤療法群と併用療法群の無増悪生存期間や全生存期間などを比較 ・イムブルビカベース治療は無増悪生存期間を ...

未治療の慢性リンパ性白血病患者に対するファーストライン治療としてのBTK阻害薬イムブルビカ+抗CD20モノクローナル抗体薬ガザイバ、染色体異常の有無に関係なく無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に改善する

2018.12.06

  • ニュース

2018年12月1日より4日まで米国・サンディエゴで開催されていた第60回米国血液学会(ASH)、また2018年12月3日の医学誌『The Lancet Oncology』にて、未治療の慢性リンパ性白 ...

遺伝子変異を有するワルデンストレームマクログロブリン血症患者に対してイムブルビカが有効な可能性

2018.08.02

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・マクログロブリン血症に対するイムブルビカの有効な可能性 ・イムブルビカは20%の患者でVGPR、63%でPRを示す ・MYD88遺伝子変異を有する患者に対する臨床試験結果 ...

慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対する一次治療としてのBTK阻害薬イムブルビカ+BCL-2阻害薬ベネトクラクス併用療法、6サイクル投与後までに微小残存病変(MRD)陰性率77%を示す

2018.07.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・CAPTIVATE試験とは、慢性リンパ性白血病(CLL)または小リンパ球性リンパ腫(SLL)患者に対する一次治療としてBTK阻害薬であるイムブルビカ+BCL-2阻害薬である ...

未治療の「慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)」に対する 『イムブルビカ』の適応追加承認を取得

2018.07.03

  • ニュース

ヤンセンファーマ株式会社は2018年7月2日、抗悪性腫瘍剤『イムブルビカ®カプセル 140mg(以下、イムブルビカ®、一般名:イブルチニブ)』について、未治療を含む「慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リ ...

イムブルビカ単剤療法、長径5cm以上のバルキー病変を有する新規慢性リンパ性白血病患者に投与することで完全奏効率(CR)28.0%

2018.04.10

  • ニュース

2018年2月22日、医学誌『JAMA Oncology』にて慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫患者に対するブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤であるイブルチニブ(商品名イムブルビカ;以下イムブルビ ...

マントル細胞リンパ腫患者に対するイムブルビカ+ベネトクラクス併用療法、完全奏効率(CR)42%を示す

2018.04.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・マントル細胞リンパ腫患者に対するイムブルビカ単剤療法の治療開始16週時点における完全奏効率(CR)は9% ・マントル細胞リンパ腫患者に対するBTK阻害薬イムブルビカ+BCL ...

医学誌『Blood』編集部が選ぶ、2017年最も影響を与えた論文ベスト10

2017.12.29

  • ニュース

2017年12月22日、医学誌『Blood』にてチーフ編集者を務めるBob Lowenberg氏、Nancy Berliner氏らが選んだ2017年『Blood』論文ランキングベスト10が公表された。 ...

慢性リンパ性白血病とリヒター症候群 オプジーボ×イムブルビカ併用療法で13人中10人が奏効 ASH2016

2017.04.11

  • ニュース

再発、または難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)、あるいはCLLから急性転化したリヒター症候群(RT)患者において、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)とブルトン型チロシンキナーゼ ...

再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫 イムブルビカ 効能追加

2016.12.02

  • ニュース

12月2日、ヤンセンファーマ株式会社は、抗悪性腫瘍剤(ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤)イブルチニブ(イムブルビカ)が「再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫」の効能・効果の追加承認を取得したことを発表 ...

厚労省 医薬品第二部会 ホジキンリンパ腫適応のオプジーボ等了承~がん関係は3剤~

2016.11.12

  • ニュース

11月11日、厚労省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、免疫チェックポイント阻害剤PD-1抗体ニボルマブ(オプジーボ)について、「再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫」の適応を追加することを了 ...

EGFR T790M変異陽性非小細胞肺がん タグリッソ/ 再発・難治性慢性リンパ性白血病 イムブルビカ 発売

2016.05.25

  • ニュース

5月25日、アストラゼネカ株式会社は、「EGFR T790M変異陽性の進行非小細胞肺癌」を効果・効能としたタグリッソを発売。また、ヤンセンファーマ株式会社は、「進行慢性リンパ性白血病」を効能・効果としたイムブルビカを発売。

中医協 タグリッソ、タフィンラー等 がん関連薬剤6種 薬価収載決定。5/25薬価収載

2016.05.18

  • ニュース

5月18日、厚労省の中医協・総会は新薬16製品を5月25日に薬価収載することを決定したと発表した。 うち、がん関連は6種。 【悪性黒色腫治療薬】 経口BRAF阻害剤ダブラフェニブ(「タフィンラーカプセ ...

医薬品第二部会 非小細胞肺がんタグリッソ(AZD9291) 前立腺がんゾーフィゴ等 効能了承

2016.02.26

  • ニュース

2月26日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、抗がん剤4種の新規効能を了承。タグリッソ、ジカディア、ゾーフィゴ、イムブルビ。

2/26 医薬品第二部会開催 AZD9291、セリチニブ、Ra223、イブルチニブ審議予定

2016.02.15

  • ニュース

2月12日、 厚生労働省 医薬・生活衛生局審査管理課は、2月26日に開催される薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会について審議内容のお知らせがありました。