11/22(金)開催 希少がんセミナー「副腎がん」申込み受付中!

diagnosis

主治医以外に相談したいのですが

2019.08.30

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 別の医療機関の医師に「セカンドオピニオン」を求めることができます セカンドオピニオンは、患者さんが納得のいく治療法を選択できるようするために、主治医とは別の医療機関 ...

診断された病院と治療する病院は同じ方がよい?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 治療はやり直しがきかないので、自分の納得のいく病院で がんの検査や治療を受ける病院の目安として「がん診療連携拠点病院」がありますが、人によってがんが見つかる状況はさ ...

診断されるまでに、どのようなことが行われる?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 さまざまな検査に加えて、確定診断には病理検査が必要 がんが疑われる場合、診断の手がかりを得るために、問診と診察のほか、血液検査、病理検査、内視鏡検査、超音波・X線・ ...

診断結果の説明で、最低限理解しておかなければならないことは?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 「検査結果からどのような診断がついたのか」ということをまず理解しましょう 診断結果の説明で最低限理解しておかなければならないのは、「検査結果からどのような診断がつい ...

がんと診断された際のこころの持ちようについて

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 家族も患者と同様に苦しい思いをする「第2の患者」抑うつが長引く場合は心の専門家のサポートを がん患者さんの手記などを読むと告知を受けたときの心の衝撃は大きく、そのと ...

がんの治療はどのように決まる?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 病期(ステージ)と、年齢や体調、がん以外の病気がないかどうかで総合的に判断される がん治療を始めるにあたり、がんの大きさや、性質、広がりを把握するためのさまざまな検 ...

がんの三大治療 手術

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 最近では身体への負担が少ない手術も 手術はメスなどを使って、がんの組織を直接切り取る方法です。通常は、がんの部分に加えて、がん細胞が移っている(転移)可能性のある、 ...

がんの三大治療 薬物療法

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 全身的な効果が期待でき、広い範囲の治療や転移の可能性があるがんで用いられます 薬物療法は、主に細胞の増殖を防ぐ抗がん剤やホルモン剤、免疫療法剤などを使う治療法です。 ...

がんの治療はどのように進みますか?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 “治療の計画表”クリニカルパスを活用しましょう 入院中に行われる検査や手術、処置などの医療行為の流れや、起こりうる副作用、食事の内容、入浴ができるかどうか、活動はど ...

「がんの疑い」=「がん」ではなく、すべてのがんが「がん=死」ではない

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 「がんの疑い」=「がん」ではありません。2014年の厚生労働省の調査によると、肺がん検診を受けた1万人のうち、「がんの疑いあり」として要精密検査になった人は196人 ...

診療ガイドラインとは?患者が読んでもいいもの?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 疾患ごとに診断や治療の標準的な指針をまとめたもので、がん治療に関わるすべての人が読むべきものです 診療ガイドラインは、医療現場で適切な診断や治療を行うために、病気の ...

がんの種類について

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 「固形がん」「血液がん」「肉腫」の3種類がある がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に2個から10個程度の傷がつくことから発生することがわかっています。正常な細胞から発生 ...

ガイドラインはどこで読めますか?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 学会のホームページや書店で閲覧・入手が可能です 国立がん研究センターがん情報サービス ガイドラインとは https://ganjoho.jp/med_pro/med ...

小児がん

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 15歳以下の子どものがん。「小児がん拠点病院」で治療を 「小児がん」は15歳以下の子どもに発症する悪性腫瘍です。国立がん研究センター小児がん情報サービスによると、年 ...

複数の治療法が提示された場合、どう選べば良い?

2019.08.28

  • diagnosis

医師や看護師から十分な説明を受けた上で、自分が納得する選択を 監修:日本医科大学 勝俣範之 先生【PR】提供:株式会社バリアン メディカル システムズ がんと診断されると、驚きや不安でいっぱいになるこ ...

がんの三大治療 放射線治療

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生【PR】提供:株式会社バリアン メディカル システムズ 放射線治療とは、放射線が持つ細胞にダメージを与える(DNAの分裂を障害する)特性をがん細胞に応用し、がんを縮小 ...

がんになったら妊娠はあきらめるべき?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 妊孕性を温存しつつ治療できるがんも。まずは医師に相談を 妊孕性(にんようせい)とは、妊娠するための力のこと。妊娠・出産をするためには、卵子と精子が必要となり、女性の ...

診断結果の説明で、医師に聞くべきことは?

2019.08.28

  • diagnosis

大事なのは、診断結果に納得し受け入れること。 “自分が知りたいこと”こそ “医師に聞くべきこと” 監修:日本医科大学 勝俣範之 先生【PR】提供:株式会社バリアン メディカル システムズ 診断結果の説 ...

セカンドオピニオンの上手な活用法は?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生【PR】提供:株式会社バリアン メディカル システムズ 受ける目的をはっきりさせておくことが大切です セカンドオピニオンを上手に受けるために、まず大切なのが今の主治医 ...

高齢者のがん

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 新規がん患者の7割を占める高齢者。がん以外の病気を抱える場合も 「地域がん登録」制度によると、2011年にがんにかかった人のうち、約7割は65歳以上の高齢者であると ...