「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

diagnosis

診断された病院と治療する病院は同じ方がよい?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 治療はやり直しがきかないので、自分の納得のいく病院で がんの検査や治療を受ける病院の目安として「がん診療連携拠点病院」がありますが、人によってがんが見つかる状況はさ ...

診断されるまでに、どのようなことが行われる?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 さまざまな検査に加えて、確定診断には病理検査が必要 がんが疑われる場合、診断の手がかりを得るために、問診と診察のほか、血液検査、病理検査、内視鏡検査、超音波・X線・ ...

診断結果の説明で、最低限理解しておかなければならないことは?

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 「検査結果からどのような診断がついたのか」ということをまず理解しましょう 診断結果の説明で最低限理解しておかなければならないのは、「検査結果からどのような診断がつい ...

がんと診断された際のこころの持ちようについて

2019.08.28

  • diagnosis

監修:日本医科大学 勝俣範之 先生 家族も患者と同様に苦しい思いをする「第2の患者」抑うつが長引く場合は心の専門家のサポートを がん患者さんの手記などを読むと告知を受けたときの心の衝撃は大きく、そのと ...