【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

非ホジキンリンパ腫

再発難治性非ホジキンリンパ腫患者に対するリツキサン+ポラツズマブ ベドチンまたはPinatuzumab vedotin併用療法、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.05.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫患者と濾胞性リンパ腫患者が対象の第2相試験 ・リツキサン+ポラツズマブ ベドチンまたはPinatuzumab vedotin併用療法の有効性 ...

難治性インドレント非ホジキンリンパ腫患者に対するデュベリシブ、客観的奏効率47.3%を示す

2019.03.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・難治性インドレント非ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・デュベリシブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は47.3%で、忍容性も問題なかった 2019年2月 ...

治療歴のインドレント非ホジキンリンパ腫患者に対するデュベリシブ単剤療法、客観的奏効率47.3%を示す

2019.02.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・リツキサンなどの治療に耐性を示したインドレント非ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・デュベリシブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・臨床的意義のある抗腫瘍効果を示し、忍 ...

再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するREGN1979、客観的奏効率55.6%を示す

2018.12.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある悪性リンパ腫患者対象の第1相試験 ・REGN1979単剤療法の容量制限毒性、安全性、抗腫瘍効果を検証 ・治療歴のある再発難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫に対する ...

マクロファージ免疫チェックポイント阻害薬を利用するがん免疫療法の新戦略

2018.11.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・マクロファージサイドに着目した免疫チェックポイント戦略 ・CD47がマクロファージの抗腫瘍活性を抑制する免疫チェックポイント分子となる ・非ホジキンリンパ腫患者に対してCD ...

ポール・アレン氏が死去 米マイクロソフト共同創業者

2018.10.18

  • ピックアップ

米マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏が15日、シアトル市内で死去した。 再発を公表していた血液がんの一種、「非ホジキンリンパ腫」の合併症で亡くなったという。 続きを読む http://ux. ...

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が選ぶがん最先端研究の成果~アドバンス・オブ・ザ・イヤー~

2018.02.18

  • ニュース

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、最新の年次報告書「Clinical Cancer Advances 2018」において、2016年10月から2017年9月までの論文や医学会議発表の内容に基づき、各分野 ...

悪性リンパ腫の造血幹細胞移植

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の造血幹細胞移植について 薬物療法や放射線療法で十分な有効性が得られない、標準治療後に再発した、または標準治療が確立していない難治性リンパ腫に対し、大量の化学療法や全身放射線照射で低下した ...

悪性リンパ腫の放射線療法

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の放射線療法について 高エネルギーX線の外部照射が基本です。病期がI期またはII期の小さい、限局性の病変を標的に照射する単独治療として、あるいは化学療法との併用で実施されます。周辺の正常組 ...

非ホジキンリンパ腫の治療法

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

日本で比較的多くみられる非ホジキンリンパ腫(NHL)の治療法 ●びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL) NHLの30%から40%を占めるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は中悪性度の病 ...

悪性リンパ腫の治療法

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の治療法 悪性リンパ腫の標準治療は薬物療法と放射線療法が中心で、適切な病理診断と悪性度、病期分類(ステージ)に基づき、全身状態を考慮して治療方針を決定します。 日本で多い非ホジキンリンパ腫 ...

悪性リンパ腫の種類と分類

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の病型:WHO分類(2008) <非ホジキンリンパ腫(NHL)> ●前駆リンパ系腫瘍 B 細胞リンパ芽球性白血病/リンパ腫 T 細胞リンパ芽球性白血病/リンパ腫 ●成熟B 細胞腫瘍 慢性リ ...

悪性リンパ腫について(疾患情報)

2017.12.25

  • がん種一覧
  • 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫とは 悪性リンパ腫は、リンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)のがんです。リンパ球は骨髄で作られるリンパ系幹細胞から分化した白血球の1種です。組織学的にホジキンリンパ腫(HL)、または非ホジキ ...

再発難治性非ホジキンリンパ腫(NHL)に対するCAR-T療法Yescarta、1年超えても奏効率は持続する

2017.12.19

  • ニュース

2017年12月9日から12日までアメリカ合衆国ジョージア州アトランタで開催されている米国血液学会議(ASH2017)にて、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を含む再発難治性非ホジキンリンパ ...

非ホジキンリンパ腫の新薬コパンリシブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.04.07

  • 臨床試験(治験)一覧

非ホジキンリンパ腫の新薬コパンリシブについて 癌細胞の増殖、分化経路に関連性のあるPI3K。この酵素を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する可能性が高いことから、複数の癌腫で創薬のターゲットとして注目され ...

【メルマガコラム】色んながん種に対するキイトルーダの可能性?[vol.31]

2017.03.17

  • メルマガバックナンバー

コラム オンコロの可知です。 オンコロには色んながん種の方から「○○がんに免疫チェックポイント阻害薬は効きますか?開発状況はどうなっていますか?」と問い合わせがあります。 その度に、過度に期待させない ...

ニボルマブが中枢神経系または精巣原発悪性リンパ腫に有効

2016.12.22

  • ピックアップ

小規模症例研究によると、古典的ホジキンリンパ腫の持続的寛解を誘導する免疫療法薬が、2種類のまれなアグレッシブタイプの非ホジキンリンパ腫のいずれかを有する患者に有効である可能性がある。 続きを読む ht ...

自家末梢血幹細胞動員の新薬モゾビル(プレリキサホル)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2016.12.13

  • 臨床試験(治験)一覧

自家末梢血幹細胞動員の新薬モゾビル(プレリキサホル)について 多発性骨髄腫、非ホジキンリンパ腫をはじめ、血液のがんの治療には大量化学療法が実施されます。大量化学療法は有効性が高い反面、その副作用として ...