AYA世代

「医者を目指さないと後悔する」悪性リンパ腫を経験し、31歳で仕事を辞め医学部受験を決めたAYA世代サバイバーの決意

2021.05.14

  • 特集

1年間に約2万人がAYA世代と呼ばれる15〜39歳でがんに罹患します。AYA世代でがんに罹患すると治療以外にも進学・受験・就職・結婚・妊孕性(にんようせい)などの問題と直面します。一方で若い時期に医療 ...

AYA世代のがん関連研究の現状と今後は? AYAがんの医療と支援のあり方研究会が市民公開講座を開催

2021.04.19

  • ニュース

AYA(アヤ:Adolescent and Young Adult)世代は、15歳から40歳未満の思春期・若年成人のこと。この世代のがんは希少がんが多く多様で、さまざまな診療科で診察されているが、学業 ...

”がんサバイバー夫婦”結婚5年目・・・子供を

2021.02.03

  • ピックアップ

いま、若い世代のがん患者が、将来、子供を授かるための取り組みが進んでいます。 妊娠、出産に向けて動き出した”がんサバイバー”の夫婦を取材しました。 続きを読む https://ux.nu/CiEoK ...

がん患者の卵子凍結は20万円 経済負担大きく、厚労省が補助

2021.02.02

  • ピックアップ

厚生労働省は1日、小児や若者のがん患者が将来子どもを授かる可能性を残すため、卵子や精子の凍結保存にかかる費用を補助する事業案を同省の有識者会議に示した。 続きを読む https://ux.nu/9VC ...

がん患者のウィッグ助成へ 人工乳房も、外見変化の悩みケア 兵庫県

2021.01.29

  • ピックアップ

抗がん剤の副作用による脱毛などに悩むがん患者を支えるため、兵庫県は2021年度、医療用ウィッグの購入費などを一部補助する制度を創設する方針を固めた。 特に「AYA世代」と呼ばれる30代までの若年層や働 ...

若年がん患者の不妊対策に助成 厚労省方針、卵子凍結は20万円

2021.01.26

  • ピックアップ

厚生労働省は、小児・若年がん患者らが将来に子を持てる可能性を高めるために、卵子や精子などを凍結保存する費用の助成額を、卵子二十万円、精子二万五千円、体外受精などの受精卵三十五万円とする方針を固めた。 ...

若いがん患者が「後悔する決断」をするリスクを減らしたい。高校生でガンになった医師たちはLINEを開設した

2021.01.07

  • ピックアップ

近年、メディアでも取り上げられるようになった15〜39歳の「AYA世代」のがん。 AYA世代の特徴は、就学、受験、就職、結婚など、ライフスタイルの変化が多いことだ。 人生の節目節目に、がんにまつわる「 ...

コロナ対応で看護師不足 大阪の若年がん病棟が一時閉鎖

2020.12.02

  • ピックアップ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大阪市立総合医療センターが、がんなどを患う15~30代半ばのAYA(思春期と若年成人)世代の専用病棟を12月上旬に一時的に閉鎖することがわかった。 続きを続む h ...

若いがん患者にも子ども授かる可能性を 患者団体が支援求める

2020.11.26

  • ピックアップ

全国のがん患者会でつくる団体などは、卵子や精子の凍結保存などへの保険適応や相談支援の充実を求める要望書を厚生労働省に提出しました。 続きを続む https://ux.nu/bI7Ri ニュース選定者: ...

中島ナオさん 31歳で乳がんに…「自分の未来 決めつけない」

2020.11.19

  • ピックアップ

ステージ4の乳がんと闘う中島ナオさんは、抗がん剤治療による脱毛に悩んだ経験から、自身のブランドを設立、華やかなヘッドウェアを作り続けている。 失ったものにとらわれず、挑戦と工夫で30代を切り開いてきた ...

がん患者の不妊治療費に支援求める動き 卵子や精子の保存に100万円超えも

2020.11.12

  • ピックアップ

がんを患った子どもや若年世代が、将来的に子どもを産む選択ができるよう、治療前に精子や卵子などを凍結保存する場合の公的支援を、国に求める動きが強まっている。 凍結保存の費用は全額自己負担で、厚生労働省は ...

「AYA世代=若い世代のがん患者」への支援強化を 患者らが提言

2020.11.09

  • ピックアップ

“若い世代のがん患者には、体や心のつらさを十分相談できなかったり、金銭的な負担から治療を断念したりする実態があるため、専門の相談窓口や経済的な救済制度を作るべきだ” こうした、国に求められる具体的な支 ...

AYA世代に多い胞巣状軟部肉腫に対する免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブの医師主導治験を開始

2020.11.06

  • ニュース

11月5日、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院は、胞巣状軟部肉腫に対して免疫チャックポイント阻害薬であるアテゾリズマブを投与する医師主導治験として「切除不能胞巣状軟部肉腫に対するアテゾリズマ ...

若い世代のがん患者を支援 LINEで仕事や妊娠など情報提供

2020.11.02

  • ピックアップ

「AYA(あや)世代」と呼ばれる若い世代のがん患者を支援しようと通信アプリの「LINE」を通じて仕事や妊娠などに関する情報を提供する取り組みが、1日から始まりました。 続きを読む https://ux ...

乳がん患者をつなぐ Pink Ring東北branch

2020.10.20

  • ピックアップ

「AYA(あや)世代」という言葉を聞いたことがありますか?  AYAとは、「Adolescent and Young Adult」(思春期や若年成人)の略で、日本では15歳から39歳までの年齢層の人を ...

視力ほぼ失ったアイドル、力強く歩く姿…見えるようになったのだろうか

2020.10.20

  • ピックアップ

脳腫瘍が原因で、昨秋に視力をほぼ失った群馬のご当地アイドル「あかぎ団」のメンバー・加藤さやかさん。 目は見えるようになったのだろうか――。 今月17日に手術から1年を迎える加藤さんに現状を聞いた。 続 ...

矢方美紀、がん闘病による外見サポート動画に出演

2020.10.15

  • ピックアップ

元SKE48のタレント矢方美紀が14日、オンラインで行われたFWD富士生命「乳がん月間 アピアランスサポートオンラインイベント」に出席した。 続きを読む https://ux.nu/QKZpx ニュー ...

若い世代のがん患者 経済面などで悩み「他世代より配慮必要」

2020.10.15

  • ピックアップ

費用負担が原因で治療を断念、体や心のつらさを医療スタッフに相談できない。 こうした悩みを抱えるがん患者が、若い世代で多いことが、国立がん研究センターが行った実態調査で分かり、センターは、支援が特に若い ...

若いがん患者 一人じゃない AYA世代支援へ 富山

2020.10.09

  • ピックアップ

15~39歳のAYA世代のがん患者を支援する動きが全国で広がる中、富山県内でAYA世代の患者の会が発足した。 進学、結婚、出産……。世代特有の悩みを抱える患者同士が、思いや経験を共有できる場を目指す。 ...

乳がん若年患者 支える 四国がんセンター乳腺科 高橋三奈医長に聞く

2020.10.08

  • ピックアップ

10月は乳がん月間。 近年、徐々に患者数が増加しており、30代では女性がん患者のうち、乳がんが約4分の1を占める。 仕事、恋愛、子育てなどに忙しい若年層ががんになったとき、どんな選択肢があるのか。 続 ...