多発性骨髄腫の新着ニュース


  • [公開日]2017.04.19
  • [最終更新日]2019.02.17

多発性骨髄腫の新着ニュースをご紹介しています。

固形がんに対する治療薬の開発状況はこの1年間でどう動いたか?:注目の臨床試験をいっきにレビュー

2023.10.19

  • ニュース

9月21日~23日、第82回日本癌学会学術集会がパシフィコ横浜で行われた。同学術集会のセッション「Year in review」の中で、「インパクトを与えた臨床試験/Year in review: P ...

治療歴のあるt(11;14)染色体異常陽性の多発性骨髄腫に対するベネトクラクス+デキサメタゾン併用療法、改善傾向を確認も統計的有意な有効性は示せず

2023.10.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・t(11;14)染色体異常陽性の多発性骨髄腫を対象とした第3相CANOVA試験 ・BCL-2阻害薬であるベネトクラクス+デキサメタゾン併用療法の有効性、安全性を比較検証 ・ ...

治療歴のある再発・難治性多発性骨髄腫にMezigdomide+デキサメタゾン併用療法が有望か

2023.10.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある再発・難治性多発性骨髄腫を対象とした第1/2相試験 ・新規セレブロンE3ユビキチンリガーゼ修飾薬Mezigdomide+デキサメタゾンの有効性・安全性を検証 ・ ...

遺伝子検査に基づく臨床試験参加の地域格差、なにが原因?移動距離と移動時間の検討

2023.09.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・遺伝子検査に基づく臨床試験の参加と移動距離及び移動時間との関連検討 ・包括的ゲノムプロファイリング検査後に国立がん研究センター中央病院に紹介された患者さんが調査の対象 ・移 ...

二重特異性抗体エプキンリなど3つのがん治療関連薬剤が承認・一変承認へ

2023.09.05

  • ニュース

8月29日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、審議項目として5製品の審議を行い、うち1製品が抗がん剤関連であった。また、報告事項※として5製品を報告し、うち2製品ががん治療薬関連であった ...

2021年の日本人の全死因死亡率の動向とその要因は?

2023.09.01

  • ニュース

国立がん研究センターは、新型コロナウイルス感染症(以下COVID-19)のパンデミック期における日本人の年齢調整死亡率を、人口動態統計(全数調査)により分析し、死因別の死亡動向を明らかにした。 8月2 ...

リトゴビおよびオンキャスパーの2つの抗腫瘍薬が薬価収載へ

2023.08.28

  • ニュース

8月23日、厚生労働省中央社会保険医療協議会(中医協)総会(第552回)が行われ、新薬成分6品目の薬価収載を了承した。うち、抗腫瘍薬関連は2製剤であった。 薬価収載は8月30日の予定である。 リトゴビ ...

パージェタとハーセプチンの配合皮下注製剤フェスゴなど4つのがん治療関連薬剤が承認・一変承認へ

2023.08.02

  • ニュース

7月31日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、審議項目として7製品の審議を行い、うち2製品が抗がん剤関連であった。また、報告事項※として7製品を報告し、うち2製品ががん治療薬関連であった ...

治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する抗BCMA抗CD3二重特異性抗体linvoseltamab単剤療法、200mg群で良好な有効性示す

2023.07.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫を対象とした第1/2相試験 ・抗BCMA抗CD3二重特異性抗体であるlinvoseltamab単剤療法の有効性、安全性を検証 ・linvo ...

治療歴のある再発/難治性多発性骨髄腫に対する抗BCMA抗CD3二重特異性抗体Linvoseltamab、200mgで高い有効性を示す

2023.06.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある再発/難治性多発性骨髄腫を対象とした第2相試験 ・linvoseltamabの最適な用量を検討 ・linvoseltamab200mgは50mgと比較して高い有 ...

会員登録 ログイン