「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

肺がんのニュース


  • [公開日]2017.01.23
  • [最終更新日]2019.01.10

肺がんのニュースをご紹介しています。

KRAS G12C遺伝子変異陽性固形がんに対するソトラシブ+アファチニブ/トラメチニブ併用療法、第1b相試験の結果を公表

2021.10.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・KRAS G12C遺伝子変異陽性固形がん患者が対象の第1b相試験 ・Sotorasib(ソトラシブ)+アファチニブ/トラメチニブ併用療法の有効性・安全性を検証 ・Sotor ...

HER2エクソン20挿入遺伝子変異陽性の進行性非小細胞肺がんに対するポジオチニブ単剤療法、客観的奏効率27%を示す

2021.10.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるHER2エクソン20挿入遺伝子変異陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・チロシンキナーゼ阻害薬であるPoziotinib(ポジオチニブ)単剤療法の ...

プラチナ系抗がん剤治療後に病勢進行した進行性非小細胞肺がんに対するPlinabulin+ドセタキセル併用療法、全生存期間10.5ヶ月を示す

2021.10.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・プラチナ系抗がん剤治療後に病勢進行した進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・Plinabulin(プリナブリン)+ドセタキセル併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・ ...

進展型小細胞肺がんに対するファーストライン治療としてのイミフィンジ+化学療法、3年全生存率17.6%を示す

2021.10.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進展型小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのイミフィンジ+化学療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・全生存期間12.9ヶ月、3年生存率は1 ...

局所進行性/切除不能非小細胞肺がんに対するイミフィンジ+oleclumab/monalizumab併用療法、客観的奏効率30~36%を示す

2021.10.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行性/切除不能非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・イミフィンジ+oleclumab/monalizumab併用療法の有効性・安全性をイミフィンジ単剤療法と比較検証 ...

HER2陽性の進行性非小細胞肺がんに対する抗体薬物複合体エンハーツ単剤療法、客観的奏効率54.9%を示す

2021.10.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は54.9%を示し、うち完全奏効率は1.1%を示した 2 ...

【米国】EGFRエクソン20挿入変異を有する非小細胞肺がんに対する初の経口薬EXKIVITY、FDAが承認

2021.09.22

  • ニュース

9月16日、武田薬品工業株式会社は、経口投与の上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬であるEXKIVITY(一般名:mobocertinib/モボセルチニブ)について、EGFRエクソン2 ...

転移性非小細胞肺がんに対するファーストライン治療としてのイミフィンジ+トレメリムマブ+化学療法、無増悪生存期間と全生存期間を延長

2021.09.22

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・一次治療としてのイミフィンジ+トレメリムマブ+化学療法の有効性・安全性を化学療法単独と比較検証 ・無増悪生存期間は6.2ヶ月、 ...

World Lung 2021 –トレメリムマブは精査には耐えた

2021.09.21

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   Poseidon試験の全データによ ...

ALK陽性の進行性非小細胞肺がんに対するファーストライン治療としてのEnsartinib単剤療法、無増悪生存期間を有意に改善

2021.09.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ALK陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・Ensartinib(エンサルチニブ)単剤療法の有効性・安全性をクリゾチニブ単剤療法と比較検証 ・無増悪生存期間は ...