新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

全般のニュース


  • [公開日]2017.01.23
  • [最終更新日]2019.01.10

がん全般のニュースをご紹介しています。

41歳で余命知った肺がん医師が遺した死への記録

2020.10.23

  • ピックアップ

故人が残したブログやSNSページ。 生前に残された最後の投稿に遺族や知人、ファンが“墓参り”して何年も追悼する。 中には数万件のコメントが書き込まれている例もある。 ただ、残された側からすると、故人の ...

プリティ・メイズのロニー・アトキンス、がんが再発「原則、治療不可能なステージ4と診断された」

2020.10.21

  • ピックアップ

デンマーク出身のヘヴィ・メタル・バンド、プリティ・メイズのフロントマン、ロニー・アトキンスが、がんが再発し、ステージ4だと診断されたと公表した。 アトキンスは昨年、肺がんを患ったが、治療が功を奏し、克 ...

【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】薬物療法が尽きる局面が到来しつつあったとき…「サルベージ手術」の提案でがん切除に道

2020.10.16

  • ピックアップ

今年の7月、ステージⅣの肺がん患者、吉仲勇さんに浮上した緩和ケアの選択肢。 2016年1月にがん研有明病院でがんと診断されてから、4年余りも生き延びてきた。 野球の継投のようにいくつもの薬物療法をつな ...

がん患者が開いた、治験の扉 資金集め・製薬会社と交渉…「命に関わる研究、私たちも」2年がかり

2020.10.16

  • ピックアップ

治療に使える薬の選択肢を増やしたい――。横浜市に住むある肺がん患者の思いから、国内では珍しい患者提案の臨床試験がこの夏、始まった。 多額の資金集めや製薬会社との交渉を2年がかりで乗り越え、重い扉を開い ...

【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】標準治療の抗がん剤やり尽くし…「緩和ケア」も選択肢に

2020.10.14

  • ピックアップ

緊急治療がうまくいってステージⅣの肺がん患者、吉仲勇さんは一命を取りとめた。 娘への依頼は、「今度、病院来るときに、眉毛を書く道具を持ってきてくれないか」というものだった。 続きを読む https:/ ...

【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】ステージⅣの肺がんで高熱と意識障害…突然の危篤状態に

2020.10.13

  • ピックアップ

新型コロナ禍で揺れるがん医療の現場。 この春、ステージⅣの肺がん患者が重篤な状態に陥った。 がん専門病院はコロナの疑いもある患者の救急搬送をためらわず受け入れ、その後“奇跡の手術”も成功させた。 続き ...

がんで余命「2年」の緩和ケア医師 心境や人生観を語る

2020.10.09

  • ピックアップ

緩和ケア医として約千人の患者の看取りに携わってきた関本剛さんが昨秋、ステージ4の肺がん(脳転移)と診断され、余命2年の宣告を受けた。 続きを読む https://ux.nu/MRhEQ ニュース選定者 ...

進行肺がん、生存率向上 「松岡良明賞」木浦教授(岡山大病院)に聞く

2020.09.28

  • ピックアップ

がん撲滅に功績のあった個人・団体をたたえる山陽新聞社会事業団の第25回「松岡良明賞」を受賞した岡山大病院 呼吸器・アレルギー内科教授の木浦勝行氏。 手術が難しい進行肺がんの治療や研究に30年以上携わっ ...

「自分らしく、後悔のない人生を送りたい」地域で罹患者が集まれる場所をつくる

2020.09.18

  • ピックアップ

ステージⅣの告知を受けたときは本当にショックで、周囲には正確なことを話せなかったですね。 看護師ですから、事の重大性は十分理解していましたし。 当然家族には伝えましたが、通院先である病院で助産師をして ...

がんとお金 母親を亡くした女子高校生 夢叶えるための選択

2020.09.01

  • ピックアップ

がん患者の経済的な負担を訴え続け、10年前に亡くなった金子明美さん。 続きを読む https://00m.in/8IXz4 ニュース選定者:中島 香織 STV https://00m.in/AVsVW ...