乳がんの新着ニュース


  • [公開日]2019.02.17
  • [最終更新日]2019.03.25

乳がんの新着ニュースをご紹介しています。

I期のHER2陽性乳がんに対する術後療法としてのトラスツズマブ エムタンシン、長期的な予後の改善を示す

2024.07.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・I期のHER2陽性乳がんを対象とした第2相ATEMPT試験 ・術後療法としてのトラスツズマブ エムタンシンの長期予後を検討 ・トラスツズマブ エムタンシンによる1年間の術後 ...

ASCO 2024:乳がん

2024.06.25

  • ニュース

進行期 化学療法未治療のホルモン受容体陽性HER2(超)低発現症例におけるエンハーツの有効性を検討:DESTINY-Breast06試験 同試験の前に既にDESTINY-Breast04において、複数 ...

複数治療歴のあるエストロゲン受容体陽性/HER2陰性の進行または転移性乳がんに対するKAT6阻害薬、単剤およびフェソロデックスとの併用で良好な効果を示す

2024.06.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のあるエストロゲン受容体陽性/HER2陰性の進行または転移性乳がんを対象とした第1相試験 ・KAT6阻害薬であるPF-07248144単剤療法、PF-072481 ...

切除不能な局所進行または転移性ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がんに対するサシツズマブ ゴビテカン+キイトルーダ、無増悪生存期間を改善せず

2024.06.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・切除不能な局所進行または転移性ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がんを第2相SACI-IO HR+試験 ・抗TROP2抗体薬物複合体サシツズマブ ゴビテカン+抗PD-1抗体キ ...

<来院1回>色素沈着にお悩みの女性の方へ 研究にご協力ください

2024.06.18

  • リサーチ
  • 乳がん
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 胆道がん
  • 非小細胞肺がん
  • 頭頸部がん

現在、オンコロでは抗がん剤を使用され皮膚の色素沈着症状をお持ちの患者さんを対象とした臨床研究にご協力いただける方を探しています。 ご自身が該当すると思う方は、以下の内容をご確認いただき、「アンケートを ...

HER2陽性進行・再発乳がんに対するハーセプチン+パージェタ+ハラヴェン併用、標準療法となり得る有望な結果を示す

2024.06.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性進行・再発乳がんを対象とした第3相のEMERALD試験 ・ハーセプチン+パージェタ+ハラヴェン併用療法とハーセプチン+パージェタ+タキサン系抗がん剤併用療法の有 ...

術後内分泌療法抵抗性のPIK3CA変異陽性ホルモン受容体陽性HER2陰性局所進行転移乳がんに対するInavolisib+イブランス+フェソロデックス、良好な抗腫瘍効果を示す

2024.06.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・術後内分泌療法抵抗性のPIK3CA変異陽性ホルモン受容体陽性HER2陰性局所進行転移乳がんを対象とした第3相のINAVO120試験 ・Inavolisib+イブランス+フェ ...

局所進行または転移性乳がんに対するパドセブ、良好な抗腫瘍効果を示す

2024.06.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行または転移性固形がんを対象とした第2相EV-202試験の乳がんコホート ・抗ネクチン4抗体薬物複合体であるパドセブ療法の有効性・安全性を検討 ・有効性、安全性ともに ...

エンハーツによる治療中の転移性乳がんにおける電子患者報告アウトカムモニタリング、QOLの改善に期待

2024.06.13

  • ニュース

2024年5月31日-6月4日、米国シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会2024(ASCO 2024)にて、エンハーツ(一般名:トラスツズマブ デルクステカン)による治療を受けている転移性乳がん患者に対 ...

高リスク早期トリプルネガティブ乳がんに対する術後療法としてのバベンチオ、生存期間を延長する

2024.06.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・高リスク早期トリプルネガティブ乳がんを対象とした第3相A-BRAVE試験 ・術後療法としての抗PD-L1抗体薬であるバベンチオの有効性・安全性を比較検討 ・バベンチオは無病 ...

会員登録 ログイン