新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

オンコロスタッフ紹介

執筆記事一覧

20年間越しに進行期ホジキンリンパ腫の一次治療(ABVD療法)が変わる可能性

2017.07.06

  • ニュース

進行期ホジキンリンパ腫への新しい一次治療への道 ABCDはアルファベットの順番であり、この順番は世界中どこでも不変である。 そして、このABCDの順番と同じくらい不変であるのが、古典的ホジキンリンパ腫 ...

オプジーボが先?アドセトリスが先?自家造血幹細胞移植後に進行再発した古典的ホジキンリンパ腫の治療 ICML 2017

2017.07.02

  • ニュース

自家造血幹細胞移植(ASCT)後に進行再発した古典的ホジキンリンパ腫の治療として、免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ)の効果が期待できる可能性が、2017年6月14日から17 ...

完全奏効(CR)率43%のCAR-T免疫療法がびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)にも到来 14-ICML

2017.06.28

  • ニュース

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)とは、血液がんの1つである悪性リンパ腫である。悪性リンパ腫とは白血球の中のリンパ球ががん化する血液がんの総称であり、DLBCLはリンパ球の内Bリンパ球(B細 ...

特定の希少変異が認められば、年齢・がん種に関係なく効果が期待できる世界で初めての経口分子標的薬 ラロトレクチニブ(LOXO-101) ASCO2017

2017.06.28

  • ニュース

「ゆりかごから墓場まで」これは第2次世界大戦後のイギリスが、社会福祉政策を推進するために出したスローガンである。このスローガンの意味は、生まれた時から死ぬまで生涯に渡り、その人の生活を社会が保障するこ ...

未治療進展型小細胞肺がんに対するPE療法(シスプラチン+エトポシド)にPARP阻害薬ベリパリブの併用効果ASCO2017

2017.06.26

  • ニュース

進展型小細胞肺がん(SCLC)の一次治療としては、1980年代以降に開発されたレジメンであるPE療法(シスプラチン+エトポシド)が日本をはじめとした世界各国の標準治療である。またPE療法以外にも、国内 ...

乳がん治療後の妊娠はエストロゲン受容体陽性乳がんの再発リスク因子ではない ASCO2017

2017.06.21

  • ニュース

乳がんは女性が発症するがんの中で最も罹患率の高いがんであり、かつその発症年齢が他のがん種に比べて若くなる傾向がある。乳がんの発症は30歳代で増加し、40歳代後半から50歳前半でピークを迎えるなど、閉経 ...

ナッツやビタミンDなど、身近にあるものが意外にも大腸がんの治療成績を向上させる可能性 ASCO2017

2017.06.20

  • ニュース

オプジーボやキイトルーダなど免疫チェックポイント阻害薬をはじめ、がん患者の全生存期間(OS)、無病悪生存期間(PFS)を延長させる最新の新薬には高額な費用がかかる。たしかに、費用に比例してがんの治療成 ...

多発性骨髄腫の新治療CAR-T免疫療法LCAR-B38Mの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.07

  • 臨床試験(治験)一覧

多発性骨髄腫の新治療CAR-T免疫療法LCAR-B38Mについて 不治の病と呼ばれた多発性骨髄腫ですが、この病気が治る日が来るのも近いかもしれません。なぜなら、B細胞成熟抗原(BCMA)を標的するCA ...

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬エパカドスタットの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.07

  • 臨床試験(治験)一覧

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬エパカドスタットについて 免疫療法の一種である抗PD-1、PD-L1抗体薬のオプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の登場により癌の治療成績は劇的に向上 ...

固形癌の新薬ラロトレクチニブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.06

  • 臨床試験(治験)一覧

固形癌の新薬ラロトレクチニブについて 免疫チェックポイント阻害剤であるオプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)が注目されている理由の1つとして癌種に問わず効果があることが挙げられます ...

多発性骨髄腫の新薬イサツキシマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.05

  • 臨床試験(治験)一覧

多発性骨髄腫の新薬イサツキシマブについて 多発性骨髄腫の治療はベルケイド、レブラミド、サレドなどの新薬が発売した2000年代前半を機に、その治療成績は劇的に変化しました。新薬が出る前の多発性骨髄腫のO ...

BRAF遺伝子変異陽性大腸癌の新薬エンコラフェニブの治験を受ける前に知っておきたい7のこと

2017.06.04

  • 臨床試験(治験)一覧

BRAF遺伝子変異陽性大腸癌の新薬エンコラフェニブについて 大腸癌の分子標的治療薬の効果予測因子としてはEGFR遺伝子、RAS遺伝子、VEGF(血管内皮細胞成長因子) 、そしてBRAF遺伝子等がありま ...

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬エンコラフェニブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.03

  • 臨床試験(治験)一覧

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬エンコラフェニブについて 皮膚の癌である悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚の癌の中で最も悪性度が高い、つまり死の危険性が高い癌と考えられています。 悪性黒色腫(メラノーマ)を ...

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬ビニメチニブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.06.03

  • 臨床試験(治験)一覧

悪性黒色腫(メラノーマ)の新薬ビニメチニブについて 皮膚の癌である悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚の癌の中で最も悪性度が高い、つまり死の危険性が高い癌と考えられています。 悪性黒色腫(メラノーマ)を新規 ...

【ASCO2017】大腸癌の免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の演題

2017.06.03

  • ニュース

2017年6月2日 (金)から6月6日(火)までアメリカのシカゴでASCO(米国癌治療学会議)2017が開催されています。昨年の引き続き今年の注目は免疫チェックポイント阻害剤です。 なかでも注目は、2 ...

トリプルネガティブ乳癌の新薬テセントリク(アテゾリズマブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.05.28

  • 臨床試験(治験)一覧

*この記事は、2017年5月22日に「healsy(http://healsy.jp/)」に掲載されたものを2017年7月27日より「オンコロ」に移管したものになります。移管の際にオンコロのポリシーに ...

膀胱がんの免疫チェックポイント阻害薬 テセントリク、キイトルーダ、オプジーボの違い

2017.05.22

  • ニュース

*この記事は、2017年5月22日に「healsy(http://healsy.jp/)」に掲載されたものを2017年7月27日より「オンコロ」に移管したものになります。移管の際にオンコロのポリシーに ...

膀胱癌の新薬テセントリク(アテゾリズマブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.05.22

  • 臨床試験(治験)一覧

*この記事は、2017年5月22日に「healsy(http://healsy.jp/)」に掲載されたものを2017年7月27日より「オンコロ」に移管したものになります。移管の際にオンコロのポリシーに ...

末梢性T細胞リンパ腫の新薬イストダックス(ロミデプシン)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.05.17

  • 臨床試験(治験)一覧

末梢T細胞リンパ腫の新薬イストダックス(ロミデプシン)について 末梢T細胞リンパ腫の標準治療はCHOP療法ですが、CHOP療法後に再発した場合もしくは効果を示さなかった場合の5年生存率は30%以下と、 ...

多発性骨髄腫の新薬6剤の薬価を比較してみました

2017.05.16

  • ニュース

多発性骨髄腫の予後はベルケイド、サレド、レブラミドの登場によりここ10年で延長しておりますが、予後以外にも順調に伸びているものがあります。それは、 薬価 です。特に、ファリーダック、ポマリスト、カイプ ...