肺がん

免疫チェックポイント阻害薬の効果予測のためのPD-L1検査

2018.10.11

  • がん種一覧
  • 肺がん

PD-L1検査の結果で使う薬が変わる 私たちのからだには、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、免疫細胞のT細胞が活性化し、異物を攻撃 、排除して、からだを守る免疫機能が備わって ...

小細胞肺がんとは(疾患情報)

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

肺の構造と働き 肺は、肋骨に囲まれ胸膜に包まれた臓器で、空気の通り道である気管の左右にあります。気管の右側にある肺は上葉、中葉、下葉の3つの区画に分かれておりそれぞれ気管に続く気管支が広がっています。 ...

小細胞肺がんの種類と分類

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんのステージ(病期) がんの治療を行う際には、まず検査によってがんの種類や進行度を診断し、循環・呼吸・免疫・栄養状態の全身状態を踏まえてどのような治療が適切かを判断します。そのためがんの病期 ...

小細胞肺がんの治療-免疫療法-

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

免疫チェックポイント阻害薬 従来、小細胞肺がんの薬物治療では、がん細胞に直接作用する抗がん剤のみが標準治療で用いられてきましたが、2019年に免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれる薬剤が小細胞肺がんの標 ...

小細胞肺がんの再発・転移

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんが局所再発した場合 小細胞肺がんは再発しやすいのが特徴の一つです。小細胞肺がんが局所再発した場合は、化学療法を行うことになります。初めて腫瘍が見つかった時の初回治療終了から再発までの期間が ...

小細胞肺がんの治療-放射線治療-

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんの放射線治療 放射線治療は腫瘍に放射線をあてて、腫瘍細胞の増殖を防ぎ縮小させることを目的に行われます。小細胞肺がんでは放射線治療の適応は限局型です。 限局型小細胞肺がんの放射線治療は、標準 ...

小細胞肺がんの治療-化学療法-

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんの化学療法 小細胞肺がんは限局型と進展型のどちらにおいても化学療法が行われます。多くの場合、限局型は放射線療法との併用、進展型は化学療法の単独で治療が行われることになります。 細胞障害性抗 ...

小細胞肺がんの治療-標準治療-

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんの標準治療について 小細胞肺がんは進行が速いがんであり、残念ながら腫瘍が発見された時には手術が適応にならない時期の腫瘍であることが多いのが現状です。小細胞肺がんに対して手術療法が選択される ...

小細胞肺がんの治療-手術療法(外科治療)-

2017.12.07

  • がん種一覧
  • 肺がん

小細胞肺がんの手術療法(外科治療) 肺がんは一般的に画像診断や腫瘍組織を顕微鏡で確認する病理診断からがんの病期や進行度を診断します。肺がんの病期がI期あるいはII期であれば、手術が優先して行われます。 ...

肺がんとは(疾患情報)

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

肺がんとは 肺がんは、空気の通り道である気管や気管支、ガス交換の場である肺胞の細胞が何らかの原因でがん化したものです。2014年のデータによると国内で約11万人の肺がん患者さんがおり、2016年のデー ...

肺がんの放射線療法

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

放射線療法 放射線療法では根治をめざすほか、症状緩和、転移や再発の予防などを目的に単独あるいは化学療法との併用で、直線加速器(リニアック)から発生する高エネルギーX線を何度も繰り返し照射する治療が行わ ...

肺がんの再発・転移

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

肺がんが局所再発・遠隔転移した場合 再発とは、目に見えるがんがなくなった後に再びがんが出現することや、がんが縮小、あるいは安定した状態から増大することです。転移とは、がんが最初に発生した肺とは別の臓器 ...

肺がんの化学療法

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

非小細胞肺がんの化学療法 非小細胞肺がんの薬物療法には、殺細胞性抗がん剤を用いた化学療法と、分子標的薬を用いた分子標的治療があります。がんの再発・転移を防ぐために、手術や放射線療法と組み合わせて、ある ...

肺がんの手術療法

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

手術(外科治療) 手術は根治を目的に、がんが限られた範囲にとどまり、全身状態が手術に耐えられ、術後の呼吸機能が保たれる場合に実施されます。がん病巣の部分だけでなく、病巣のある肺葉や周囲のリンパ節なども ...

肺がんの治療法

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

肺がん治療について 肺がんそのものを治療する手術や放射線療法などの局所療法と、全身に広がったがんを治療する薬物療法などの全身療法、これらを組み合わせる集学的治療に大別されます。病期と全身状態から、1人 ...

肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴

2017.11.20

  • がん種一覧
  • 肺がん

組織別に治療法が異なる肺がん 肺がんは、がん細胞の形や状態から、大きく「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」に分けられ、非小細胞肺がんは「扁平上皮がん」と「非扁平上皮がん」に、非扁平上皮がんは「腺がん」 ...

会員登録 ログイン