「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

希少がん

RDD希少がん | Rare Disease Day in Japan 2021

2021.02.03

  • ピックアップ

この度「希少がん啓発月間 RARECANCERS awareness month 2021 〜希少は多い!?知ろう希少がんのこと〜」と題し、2021年2月に日本初、希少がん啓発月間をコロナ禍の中オンラ ...

気丈に闘病 最後まで長女の幸せ願い続け

2021.02.02

  • ピックアップ

2020年春、松山市でがん闘病中だった女性が長女を残し旅立った。長女が小学校の卒業式を終えた2日後、まだ39歳だった。 2人暮らしで穏やかだった女性の生活は、副鼻腔の希少がんが分かり一変した。 続きを ...

希少がんのセカンドオピニオン、オンラインで実施へ 国がん・中央病院、25日から

2021.02.02

  • ピックアップ

国立がん研究センター中央病院は、オンラインによる希少がんのセカンドオピニオンの提供を25日から開始する。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえた対応で、さまざまな希少がんに関する相談に乗る予定。 ...

30代でがんになった母が体験した想定外の事態

2021.01.29

  • ピックアップ

十二指腸(胃と小腸の間にあり、胆のうから分泌される胆汁と、すい臓から分泌されるすい液が食べたものと混ざり合い、消化をうながす器官)がんの告知後、夫や子どもたちが戸惑いながらも力を合わせて乗り切った田神 ...

再発/難治性芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍に対するIMGN632単剤療法、客観的奏効率30%を示す

2020.12.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍患者が対象の臨床試験 ・CD123標的ADCであるIMGN632単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率30%を示した 2020 ...

台湾3歳児の眼腫瘍治療、東京で始まる 駐日代表「祈るしかない」

2020.12.23

  • ピックアップ

眼腫瘍を患い、日本での治療を希望していた南部・高雄市の3歳男児の治療が21日、東京都内の病院で始まった。 自身のフェイスブックに「チャンスは1度のみ」とつづり、緊張感をあらわにしていた台北駐日経済文化 ...

ふうあさん一時退院 次の治療方針が決まるまで Facebookで発表

2020.12.03

  • ピックアップ

国内で治療法が確立されていない希少な腹膜悪性中皮腫と診断された沖縄県中城村の小学4年生、金城楓空さんを支援する「ふうあの会」は1日、楓空さんが11月27日に都内の病院から退院したと公式フェイスブックで ...

希少がん臨床新拠点 北関東以北で初、近く本格稼働へ 栃木県立がんセンター

2020.11.20

  • ピックアップ

患者数が少ない「希少がん」の診療・研究を発展させようと、栃木県立がんセンターが「希少がんセンター」の本格稼働に向けて準備を進めている。 続きを続む https://ux.nu/vfQHR ニュース選定 ...

希少がんの男児に日本で治療を 台湾と日本が共に支援

2020.11.19

  • ピックアップ

眼球内に悪性腫瘍が生じる希少がんを患う南部・高雄市在住の3歳男児を救おうと台湾と日本の間で支援の輪が広がっている。 男児は来月、治療のため日本の病院に入院する見通しで、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交 ...

転移性眼内黒色腫に対するオプジーボ+ヤーボイ併用療法、客観的奏効率18%を示す

2020.11.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性眼内(ブドウ膜)黒色腫患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・客観的奏効率は18%を示し、1人は完全奏効を認めた 2020 ...

AYA世代に多い胞巣状軟部肉腫に対する免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブの医師主導治験を開始

2020.11.06

  • ニュース

11月5日、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院は、胞巣状軟部肉腫に対して免疫チャックポイント阻害薬であるアテゾリズマブを投与する医師主導治験として「切除不能胞巣状軟部肉腫に対するアテゾリズマ ...

5年生存率は70%に 子どもに多い希少がん「骨肉腫」

2020.10.20

  • ピックアップ

骨にじかに発生する悪性腫瘍・がんのうち、最も頻度が高いのが骨肉腫です。 とはいえ、発生頻度は人口100万人当たり年に2~3人、全てのがんのうちの0・2%程度と少なく、希少がんの一つとされています。 骨 ...

国立がん研究センター「ATLASプロジェクト」始動 アジア国際共同試験ネットワークを構築へ

2020.09.15

  • ピックアップ

国立がん研究センター中央病院は9月8日、日本が主導し、アジア国際共同試験ネットワークを構築する「ATLASプロジェクト」を始動させたと発表した。 続きを読む https://ux.nu/06eNV ニ ...

【第59回 希少がん Meet the Expert:希少がん診療におけるIVRの役割】動画公開

2020.07.27

  • セミナー動画

2020年1月31日(金)に、国立がん研究センター希少がんセンター待合にて開催しました「第59回 希少がん診療におけるIVRの役割」の講義を収録しました。 セミナーの動画を公開しましたので、ぜひご覧く ...

進行性/症候性甲状腺髄様がん患者に対するバンデタニブ単剤療法、無増悪生存期間を有意に改善

2020.07.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性/症候性甲状腺髄様がん患者が対象の第3相試験のサブグループ解析 ・バンデタニブ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・バンデタニブ単剤療法の無増悪生存期間は21.43ヶ ...

FAK阻害薬GSK2256098、NF2変異陽性の再発難治性髄膜腫に対する6ヶ月無増悪生存率を達成

2020.06.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・NF2変異陽性の再発難治性髄膜腫患者が対象の第2相試験 ・FAK阻害薬GSK2256098の有効性・安全性を検証 ・6ヶ月無増悪生存率はグレード1で83%、グレード2/3で ...

単剤化学療法抵抗性の絨毛性腫瘍患者に対するバベンチオ単剤療法、 hCG正常化率53.3%を示す

2020.06.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・単剤化学療法に抵抗性のある絨毛性腫瘍患者が対象の第2相試験 ・バベンチオ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・hCG正常化率は53.3%であった 2020年5月29日~31日、 ...

希少がんを患った余命わずかの18歳男性、ガールフレンドと結婚。若いカップルの感動的な結婚式に祝福の声続々

2020.06.02

  • ピックアップ

美しい庭の緑をバックに愛を誓う初々しい新郎と新婦。 続きを読む https://00m.in/yzaxz ニュース選定者:中島 香織 FINDERS https://00m.in/mUPDN &tim ...

【悪性ラブドイド腫瘍体験談】「希少がん」が与えてくれた「今日」を強く生きて

2020.04.06

  • がんの体験談

澁谷莉子さん 悪性ラブドイド腫瘍サバイバー 現在は、定期検査を受けながら週3日の業務に就業中 原因不明の体調不良 2019年1月、26歳の私は当時コーヒーショップで勤務していました。元々は飲食店勤務だ ...

【第56回 希少がん Meet the Expert:希少がん診療の取り組み③~患者支援~】動画公開

2020.03.18

  • セミナー動画

2019年12月6日(金)に国立がん研究センター希少がんセンター待合にて「第56回 希少がん診療の取り組み③~患者支援~」を開催しました。セミナーの動画を公開しました。ぜひご覧ください。 ※都合上、ス ...