【4/10(金)開催 大阪オンコロジーセミナー『食道がん』申込み受付中!】

非小細胞肺がん

非小細胞肺がんにおける、免疫チェックポイント阻害薬 ~第3回 PD-1抗体とCTLA-4抗体の複合療法~

2017.02.22

  • 特集

オンコロでは、がん治療について全国のオピニオンリーダーにインタビューを実施しております。 今回は、国立がん研究センター中央病院の副院長兼呼吸器内科長の大江 裕一郎先生お話を伺いました。 なお、第1回の ...

高額医療問題についての議論に必要なものとは何か――オプジーボを利用する肺がん患者の声から

2017.02.22

  • ピックアップ

急激な少子高齢化の影響が危惧される日本社会において、増え続ける国民医療費への対応は喫緊の課題と認識されている。 国は制度を変更し、国民の負担増などによりそれを抑制しようとしているが、日常の具体的な医療 ...

胃がん、食道がん、非小細胞肺がん、腎細胞がん 術前補助化学療法としてオプジーボとポテリジオを併用する第1相試験

2017.02.21

  • 臨床試験(治験)一覧

治験タイトル 固形がん患者に対するMogamulizumab(抗CCR4 抗体)・Nivolumab(抗PD-1 抗体)術前併用投与の安全性を観察するための第1相治験 治験の概要 術前患者を対象とした ...

非小細胞肺がん 3番手免疫チェックポイント阻害薬テセントリク承認申請 初のPD-L1抗体

2017.02.20

  • ニュース

2月17日、中外製薬株式会社は、PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)を「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」適応にて、製造販売承認申請したと発表した。 免疫チェックポイント阻害薬として ...

【特集記事】非小細胞肺がん治療における血管新生阻害薬の現状と今後

2017.02.17

  • 特集

オンコロでは、がん治療に関する様々なトピックスについて、全国のオピニオンリーダーにインタビューを実施し、対談形式にて皆さんにお届けしております。 今回は、近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門教授 中川 和 ...

NTRK1/2/3, ROS1, もしくはALKの遺伝子再構成を有する固形がん及び大細胞型未分化リンパ腫のバスケットスタディ

2017.02.16

  • 臨床試験(治験)一覧

治験タイトル NTRK1/2/3, ROS1, もしくはALKの遺伝子再構成を有する局所進行又は転移性固形がん患者を対象とした標的治療薬エントレクチニブの非盲険他施設グローバルバスケット第二相試験(S ...

PD-1抗体キイトルーダ発売、厚労省はオプジーボと共に最適使用推進ガイドラインを作成

2017.02.15

  • ニュース

2月15日、MSD株式会社が、抗PD-1抗体であるペムブロリズマブ(キイトルーダ)を発売した。キイトルーダは、オプジーボに次ぐ免疫チェックポイント阻害薬であり、「根治切除不能な悪性黒色腫」および「PD ...

非小細胞肺がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の現状と今後 ~第2回 EGFR陽性患者への免疫チェックポイント阻害薬治療は?~

2017.02.15

  • 特集

オンコロでは、がん治療について全国のオピニオンリーダーにインタビューを実施しております。 今回は、国立がん研究センター中央病院の副院長兼呼吸器内科長の大江 裕一郎先生お話を伺いました。第1回のテーマは ...

【メルマガコラム】怪しい免疫療法・・・[vol.27]

2017.02.10

  • メルマガバックナンバー

コラム オンコロの可知です。本日、2回目の希少がんセミナーです。テーマはGIST。中釜理事長も挨拶されるとのことで、すごいことになってきております。 さて、以前、オンコロへの問い合わせが増えてきている ...

オプジーボなどの適正使用推進GL固まる、留意事項通知を2月14日に発出―中医協総会

2017.02.09

  • ピックアップ

画期的な抗がん剤であるオプジーボ(ニボルマブ製剤)とキイトルーダ(ペムブロリズマブ)を悪性黒色腫・非小性細胞肺がん治療に用いる場合の最適使用推進ガイドラインが8日の中央社会保険医療協議会総会で了承され ...

非小細胞肺がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の現状と今後 ~第1回 PD-1抗体とPD-L1抗体の違い~

2017.02.08

  • 特集

オンコロでは、がん治療に関する様々なトピックスについて、全国のオピニオンリーダーにインタビューを実施し、対談形式にて皆さんにお届けしております。 今回は、国立がん研究センター中央病院の副院長兼呼吸器内 ...

進行肺がん、新薬続々 分子標的薬や免疫薬

2017.02.01

  • ピックアップ

肺がんは日本人のがんの中で、最も死亡数が多いがんだ。年間11万人以上が発症し、7万人以上が死亡する。 だが最近では様々なタイプの抗がん剤が登場し、打てる手が広がってきた。5年生存率も伸びると期待されて ...

グリーンペプタイ、GRN-1201の非小細胞肺がんを対象とする米第2相臨床試験を開始

2017.01.31

  • ピックアップ

グリーンペプタイドがこの日の取引終了後、がんペプチドワクチン「GRN-1201」の非小細胞肺がんを対象とする免疫チェックポイント抗体を併用する第2相臨床試験を米国で開始すると発表した。 続きを読む h ...

再生検を取り巻く環境の変化

2017.01.25

  • ピックアップ

EGFR遺伝子変異検索について、この年末年始にぼんやりしている間に大きな変化が起こった。 いよいよ、我が国でもEGFR遺伝子変異を血液検査で行えるようになった。 ただし、他国における適用条件とは一部異 ...

【短信】非小細胞肺がんファーストライン治療治療におけるオプジーボ×ヤーボイ FDA迅速承認申請断念

2017.01.20

  • ニュース

1月19日、米国ブリストル・マイヤーズスクイブ社は、本日、現時点までに得られた情報に基づき、米国において肺がんのファーストライン治療におけるオプジーボとヤーボイの併用療法について、迅速承認申請を行わな ...

【メルマガコラム】拡大治験がひっそりと開始していた・・・[vol.24]

2017.01.20

  • メルマガバックナンバー

コラム オンコロの可知です。先日開催した国立がん研究センター中央病院で開始した希少がんセミナー。オンコロも共催させて頂いていますが、満席のうちに終了しました。NHKなども取材に来て、『おはよう日本』で ...

PD-L1発現の評価

2017.01.20

  • ピックアップ

 Pembrolizumabの臨床導入に向けて、少しずつ体制が整いつつある。  効果予測因子として知られるPD-L1発現状態を調べる22C3抗体は既に厚労省の承認を受けているらしい。 続きを読む ht ...

拡大治験がひっそりと開始していた・・・ ~ROS1陽生非小細胞肺がん、尿路上皮がん(膀胱がん等)、頭頸部がん、悪性胸膜中皮腫~

2017.01.19

  • オンコロブログ
  • 臨床試験(治験)一覧

オンコロの可知です。 昨日、ある患者さんから、「オンコロ」にお電話がありました。 初めて電話したというこの患者さんは、『膀胱がんの「拡大治験」が●●病院で実施しているようですが、本当ですか?』と言うの ...

非小細胞肺がん ALK阻害薬ブリガチニブの第1/2相結果 Lancet Oncol

2017.01.15

  • ニュース

未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害薬ブリガチニブ(AP26113)は、ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対し、既存のALK阻害薬クリゾチニブ(商品名ザーコリ)治療歴の有無に関わら ...

EGFR遺伝子変異陽性肺がんの新薬ダコミチニブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2017.01.09

  • 臨床試験(治験)一覧

EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんの新薬ダコミチニブについて EGFR(上皮成長因子受容体)とは、細胞の増殖と成長を抑える上皮成長因子 (EGF) を認識し、シグナル伝達を促進させる受容体です。従来 ...