• [公開日]2019.02.14
  • [最終更新日]2019.02.14

のニュースをご紹介しています。

【承認申請】パドセブ+キイトルーダ、進行性尿路上皮がんにおける一次治療の適応追加に関する承認を申請

2024.02.08

  • ニュース

アステラス製薬株式会社は1月31日、米Pfizer社と共同で開発を進めている抗体薬物複合体(ADC)であるパドセブ(一般名:エンホルツマブ ベドチン(遺伝子組換え))とMSD株式会社の抗PD-1抗体キ ...

局所進行切除可能胃がん/胃食道接合部がんに対する術前/術後療法としての抗PD-1抗体薬キイトルーダ+FLOT療法、病理学的奏効率を改善

2024.02.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行切除可能胃がん/胃食道接合部がんが対象の第3相KEYNOTE-585試験 ・術前/術後療法としての抗PD-1抗体薬キイトルーダ+FLOT療法の有効性・安全性を検証 ...

未治療の進行胸膜中皮腫に対するペメトレキセド+シスプラチン/カルボプラチンへのキイトルーダの上乗せ、全生存期間を有意に改善

2023.11.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行胸膜中皮腫が対象の第3相試験 ・ペメトレキセド+シスプラチン/カルボプラチンに対するキイトルーダ上乗せの有効性・安全性を検証 ・キイトルーダ上乗せにより全生存期 ...

転移性去勢抵抗性前立腺がんに対するキイトルーダ+イクスタンジ+アンドロゲン除去療法、有効性を改善せず

2023.11.09

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性去勢抵抗性前立腺がんを対象とした第3相のKEYNOTE-641試験 ・抗PD-1抗体キイトルーダ+イクスタンジ+アンドロゲン除去療法の有効性・安全性を検証 ・キイトル ...

ハイリスク局所進行性子宮頸がんに対するキイトルーダ+同時化学放射線療法、無増悪生存期間を改善

2023.10.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハイリスクのある局所進行性子宮頸がんを対象とした第3相のKEYNOTE-A18試験 ・抗PD-1抗体であるペムブロリズマブ+同時化学放射線療法の有効性、安全性を検証 ・ペム ...

局所進行胃/食道胃接合部腺がんに対する周術期化学療法のキイトルーダ追加、病理学的完全奏効率は改善も無イベント生存期間は延長せず

2023.10.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行胃/食道胃接合部腺がんを対象とした第3相のKEYNOTE-585試験 ・周術期化学療法への抗PD-1抗体薬ペムブロリズマブ上乗せの有効性、安全性を検証 ・病理学的完 ...

ホルモン受容体陽性乳がんに対する術前・術後療法へのキイトルーダの追加、病理学的完全奏効率を有意に改善

2023.10.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン受容体陽性乳がんを対象とした第3相のKEYNOTE-756試験 ・術前化学療法および術後内分泌療法に対する抗PD-1抗体薬ペムブロリズマブの追加における有効性、安全 ...

HER2陽性転移性胃がん/食道胃接合部がんに対する初回治療としてのキイトルーダ+標準治療、無増悪生存期間を有意に改善

2023.10.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性転移性胃がん/食道胃接合部がんを対象とした第3相のKEYNOTE-811試験 ・抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブと標準治療であるトラスツズマブ+化学療法の ...

治療歴のある胸膜中皮腫に対するキイトルーダ+レンビマ併用療法、抗腫瘍効果を示すも安全性に懸念

2023.10.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・化学療法後に進行した胸膜中皮腫を対象とした単施設第2相PEMMELA試験 ・抗PD-1抗体ペムブロリズマブとマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブ併用療法の有効性・安全性を検証 ...

遺伝子変異量の高い進行性がん、抗PD-1抗体薬キイトルーダが有効か

2023.08.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腫瘍遺伝子変異量(HTMB)の高い進行性がんを対象とした第2相TAPUR試験 ・抗PD-1抗体薬ペムブロリズマブの治療を受けた症例を対象としたコホートの結果報告 ・ペムブロ ...

会員登録 ログイン