乳がん患者さん対象 発毛状況について記録調査のご協力をお願いします

オンコロスタッフ紹介

執筆記事一覧

“その時”は突然やってきた-出会いに支えられた闘病

2019.04.22

  • がんの体験談

名前:小林 正和 年齢:58歳 性別:男性 住所:滋賀県東近江市 職業:無職(障害年金) がん種:大腸がんステージⅣ、肝臓転移 2度の手術を乗り越えて、現在はリウマチ、強皮症の治療と並行しながら経過観 ...

子宮頸がんとPembrolizumab

2019.04.19

  • ピックアップ

最近GOPC-ROS1陽性の子宮頸部混合型小細胞がん(この病名記載が適切かどうかはわからないけれど)の患者さんから相談を受けた。どんな治療が可能性として挙げられるか、とのこと。小細胞がんに対する化学療 ...

国内初、がん免疫薬を肉腫に投与

2019.04.17

  • ピックアップ

免疫の働きを利用するがん治療薬「キイトルーダ」が、希少がんの一種で筋肉や脂肪組織にできる肉腫の治療に使われたことが16日、国際医療福祉大三田病院への取材で分かった。 続きを読む https://ux. ...

池江璃花子選手らAYA世代…心に響く励まし方

2019.04.17

  • ピックアップ

国立がん研究センターによると、主に15~39歳を指す「AYA(Adolescent and Young Adult=思春期・若年成人を示す英語)世代」のがん患者数は2万2448人(2016年)だ。AY ...

手術前に中止すべき薬剤の「中止指示」を行わず、手術が延期となる事例が頻発―医療機能評価機構

2019.04.16

  • ピックアップ

手術前に中止すべき薬剤を服用している患者に対し、「当該医薬品が中止対象と知らなかった」「中止指示を失念していた」などさまざまな理由から中止指示を行わず、結果として手術が延期となってしまった事例が、20 ...

堀ちえみ、ブログで食道がんを公表 ステージ1「幸いにして早期発見」

2019.04.16

  • ピックアップ

ステージ4の口腔がんの手術をし、現在リハビリ中のタレント・堀ちえみが15日、自身のブログを更新。食道がんであることを公表した。診断はステージ1で、舌がんと同じ扁平上皮がんとし、舌がんの転移・再発ではな ...

外国人がん患者会結成 名古屋・デービスさん闘病の思い共有

2019.04.16

  • ピックアップ

重度のすい臓がんで闘病する英国人のサイモン・デービスさんが、外国人がん患者のための患者会「東海キャンサーサポート・エバーグリーン」を結成した。 患者同士が体験を語り、支え合う「ピアサポート」で、日本語 ...

がん治療に選択肢 薬併用効果裏付け

2019.04.16

  • ピックアップ

岩手医大医学部内科学講座呼吸器・アレルギー・膠原病内科分野の前門戸任教授は10日、遺伝子変異が引き起こす肺がん治療の臨床研究で、薬剤の併用効果が明らかになったと発表した。 続きを読む https:// ...

がん情報を一元公開 全国に先行しサイト 日本がん登録協議会

2019.04.16

  • ピックアップ

がんに関する情報を分かりやすく、一元的に発信しようと、都道府県でつくる日本がん登録協議会は、病院や行政が集めたがん患者のデータを整理し、インターネットで公開を始めた。地域情報の発信を柱の一つに掲げ、全 ...

ワールドメラノーマ月間「メラノーマを知る・学ぶ・聞く 2019 〜ミート・ザ・エキスパート! 専門医に聞いて見よう〜」

2019.04.12

  • イベント
  • オンコロ主催・共催イベント

5月は世界メラノーマ月間です。 メラノーマ(悪性黒色腫)の患者とその家族のための患者会「Over The Rainbow」主催にて、今年もメラノーマの専門医をお招きし、“メラノーマを知り最新の情報を学 ...

がん10年生存率、56.3%に 早期の乳がんは9割超

2019.04.10

  • ピックアップ

国立がん研究センターなどの研究班は9日、2002年からの4年間でがんと診断された約7万人の10年生存率は56.3%だったと発表した。1年前の前回調査よりも0.8ポイント上昇。早期の大腸がん、乳がんなど ...

がん患者も子供持つ夢を 卵子保存など、支援広がる

2019.04.10

  • ピックアップ

血液のがんの患者らを支援するNPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」は4日、若年がん患者が治療前に卵子や精子を凍結保存することを費用面で支援するため、インターネット上での寄付募集を始めた。保険がきか ...

「末期がん」どんな状態? 介護保険めぐる困惑改善へ

2019.04.10

  • ピックアップ

体力が低下して生活を支える手段が必要になったときに重要なのが介護保険。がん患者が利用するとき、書類には「末期がん」と書かなければなりませんでしたが、最近、そうした必要がなくなりました。その経緯をたどる ...

BRCA1、BRCA2、PALB2遺伝子のいずれかに変異のある進行膵がんの維持療法としてrucapribが有望

2019.04.10

  • ピックアップ

白金系抗癌薬に感受性でBRCA1、BRCA2、PALB2遺伝子のいずれかに変異を有する進行膵がんの維持療法として、PARP阻害薬であるrucapribが有効な可能性が明らかとなった。 続きを読む ht ...

【メルマガコラム】がんと闘う子どもたちへ[Vol.106]

2019.04.10

  • メルマガバックナンバー

オンコロの姉妹サイト、希少疾患情報サイトRareS.(レアズ)の熊谷です。 現在、東京は桜の満開が過ぎて少し寂しく感じます。東北や北海道では元号が変わって、令和最初の桜になる地域もあるのはないでしょう ...

手術や化学療法が適さない食道がんに放射線療法と腫瘍融解ウイルスOBP-301の併用が有用な可能性

2019.04.10

  • ピックアップ

標準的な手術や化学療法が適さない食道がん患者に、放射線療法と腫瘍選択的融解ウイルス製剤テロメライシン(OBP-301)の併用療法が有用である可能性が明らかとなった。 続きを読む https://ux. ...

乳がん公表の元SKE48・矢方美紀の1年を振り返る書籍が発売

2019.04.04

  • ピックアップ

乳がん公表から1年。元SKE48・矢方美紀の病気とまっすぐに向き合った1年を振り返る書籍『きっと大丈夫。~私の乳がんダイアリー~』が4月26日に発売となる。 病気の発見からおおよそ一年が経過したいま、 ...

「先生の研究が家族の人生変えた」 講演の本庶氏にがん患者感謝

2019.04.04

  • ピックアップ

画期的ながん治療薬開発に道を開いたとして2018年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大特別教授が2日、京都市下京区でがん患者ら200人を前に講演した。 本庶教授が開発に関わったがん免疫療法は ...

カンボジアでがんと闘う子供に「病院給食」を提供するクラウドファンディングが開始

2019.04.04

  • ピックアップ

認定NPO法人ジャパンハートで長期ボランティアとして活動を支える料理人の野村友彬さんは4月1日から、カンボジアのがんと闘う子どもたちに「病院給食」を提供するためのクラウドファンディングを始めた。 続き ...

【治験広告】再発または治療抵抗性の「急性骨髄性白血病(AML)の方」を対象とした、WT1発現細胞による免疫療法の治験のご案内

2019.04.04

  • 白血病
  • 臨床試験(治験)一覧
  • 臨床試験(治験)広告一覧

本ページは、東京大学医科学研究所附属病院からの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 本治験は再発または治療抵抗性の急性骨髄 ...