11/22(金)開催 希少がんセミナー「副腎がん」申込み受付中!

オンコロスタッフ紹介

執筆記事一覧

乳房温存手術

2018.03.09

  • オンコロ辞典

乳がんの手術には、乳房温存手術と乳房切除術の2つの方法がある。 乳房を全摘出することなくがんを周囲の乳腺と一緒に除去するのが乳房温存手術。一部分だけを切り取る手術なので、自分の乳房を残し乳房の変形が軽 ...

二次がん

2018.03.09

  • オンコロ辞典

がん治療において、抗がん剤や放射線による正常細胞の障害のより、治療を終了した数年から数十年後に、もとの病気とは別の種類のがんや白血病を生じること。 ×

乳房照射

2018.03.09

  • オンコロ辞典

乳がんにおいて、手術後に温存した乳房や周囲のリンパ節からの再発を防ぐために放射線による治療を行うこと。 乳がんに対する手術の目的は目に見えるがんをとりのぞくことで、術後放射線照射の役割は手術で取りきれ ...

軟骨肉腫

2018.03.09

  • オンコロ辞典

骨の肉腫の1つ。主腫瘍が軟骨を形成するもので、骨肉腫についで多い骨の悪性腫瘍。骨肉腫と比較して、転移を起こしにくく、腫瘍は比較的ゆっくりと大きくなる。40歳代以上の比較的高齢の方に発症。好発部位は大腿 ...

ドライバー遺伝子

2018.03.09

  • オンコロ辞典

がんの発生、増殖に直接的な原因として関与する遺伝子を「ドライバー遺伝子」と呼ぶ。 がん化は、複数の遺伝子の変異によって生じる。 また、がん化する組織は遺伝情報の変異が生じやすい状態(遺伝的不安定)にな ...

T因子

2018.03.09

  • オンコロ辞典

がんの進行度は、病期(ステージ)分類で表される。世界的にはTNM分類がよく使われており、①T因子(原発腫瘍を表す英語のprimary tumorのtumorの頭文字で、腫瘍の進行度を示す)、②N因子( ...

適応症

2018.03.09

  • オンコロ辞典

医薬品を規制当局(厚生労働省)が許可する場合、どの疾患の治療に使って良いか(治療用途)を限定して許可をするが、この許可された疾患(群)を「適応症」と言う。 医薬品の添付文書の「効能・効果(適応)」の項 ...

探索的評価項目

2018.03.09

  • オンコロ辞典

評価項目(エンドポイント)とは、臨床試験において、有効性・安全性を評価するために用いられる指標、評価項目。 複数のエンドポイントがある場合には、プライマリーエンドポイント(主要評価項目)とセカンダリー ...

脱分化型脂肪肉腫

2018.03.09

  • オンコロ辞典

脂肪肉腫の亜型の1つ。 ×

造血幹細胞

2018.03.09

  • オンコロ辞典

造血幹細胞は骨髄の中で血球をつくり出すもとになっている細胞。 骨髄の中で盛んに細胞分裂を行い、赤血球・白血球・血小板に成長(分化)、または自己複製により増殖する能力を有する。 通常の化学療法や免疫抑制 ...

成人T細胞白血病(ATL)

2018.03.09

  • オンコロ辞典

成人T細胞白血病(ATL)の原因は、HTLV-1というウイルス感染。 幼少時に母乳を介し母親から感染し多くの場合は発症することはなく経過し「キャリア」となる。 ATL は世界の中でも日本の西南部(九州 ...

セカンドオピニオン

2018.03.09

  • オンコロ辞典

セカンドオピニオンとは現在の自分の病状や治療方針について他の医師の意見を求めることです。 患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診 ...

セザリー症候群(SS)

2018.03.09

  • オンコロ辞典

皮膚の悪性リンパ腫の一種であり、全身が赤くなり痒みが出現し、発熱とリンパ節腫脹も伴う疾患。 菌状息肉症の進行したものと考える説もあるが、菌状息肉症が全例セザリー症候群となるわけではない。 末梢血中に出 ...

生物製剤

2018.03.09

  • オンコロ辞典

生物学的製剤 生物から産生されるタンパク質などの物質を応用して作られた薬である。これに対し、一般的な医薬品は、化学的に合成した物質をもとに作られる。病原体から作られ感染症の予防に用いられるワクチンや、 ...

甲状腺髄様がん

2018.03.09

  • オンコロ辞典

甲状腺がんの1つ。甲状腺がんでは、日本では、約85%が乳頭癌、約10%が濾胞癌であり甲状腺髄様がんの頻度は約1%。 甲状腺髄様がんの主な症状は頸部腫瘤であり、腫瘍が小さい時期はほとんど無症状。他の症状 ...

Journal of Clinical Oncology(JCO)

2018.03.09

  • オンコロ辞典

米国臨床腫瘍学会(ASCO: American Society of Clinical Oncology)の正式機関誌。 1983年に創刊され、最新のがん治療に焦点を当てた腫瘍学領域のトップジャーナル ...

シンチグラフィ―

2018.03.09

  • オンコロ辞典

シンチグラム、シンチ 画像診断法の一つ。体内に投与した放射性同位体から放出される放射線を検出し、その分布を画像化したもの。腫瘍(がん)や各種臓器の機能の診断に使われる。 ×

脂肪肉腫

2018.03.09

  • オンコロ辞典

悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)の一種で、脂肪細胞に似た腫瘍細胞が増殖する。 世界保健機関(WHO)の組織型分類で5種類の組織亜型に分けられており、型によってその予後は大きく異なる。 他のがんと比較し、軟部肉 ...

腫瘤

2018.03.09

  • オンコロ辞典

しゅりゅう 「できもの」や「瘤(こぶ)」「はれもの」などの総称のこと。しこりと呼ばれることもある。 炎症性か腫瘍性かはっきりしない場合などに用いる。 原因には関係なく、体表や体内で確認された塊(かたま ...

ショートハイドレーション

2018.03.09

  • オンコロ辞典

ハイドレーションは補水の意。 抗がん剤の1つであるシスプラチンは抗腫瘍スペクトルが広く、強力な抗腫瘍効果を有するため、現在多くの癌化学療法プロトコールにおいて中心的薬剤として用いられている。 シスプラ ...