成人T細胞白血病(ATL)の原因は、HTLV-1というウイルス感染。
幼少時に母乳を介し母親から感染し多くの場合は発症することはなく経過し「キャリア」となる。
ATL は世界の中でも日本の西南部(九州・沖縄地方)に多く、1977年に日本ではじめて提唱された疾患。
約30~50年間の潜伏期間がありHTLV‐ 1キャリアに5〜10%の頻度で発症し、発症すれば2年以内にほとんど死亡する。全国のキャリア数は約100 万人、ATL 発症数は年間約700 例といわれる。
発症率が高い地域では妊婦検診で抗HTLV-1抗体検査などの検査を行い、母子感染予防の対策が行われている。
ATL細胞は血液中だけではなくリンパ節でも増殖するため、多くの場合はリンパ節の腫れがみられる。病変の広がりは全身性で、脾臓(ひぞう)や肝臓、肺、消化管、中枢神経系に及ぶこともあり、半数以上で皮膚に病変がみられる。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »