皮膚の悪性リンパ腫の一種であり、全身が赤くなり痒みが出現し、発熱とリンパ節腫脹も伴う疾患。
菌状息肉症の進行したものと考える説もあるが、菌状息肉症が全例セザリー症候群となるわけではない。
末梢血中に出現する異常リンパ球はセザリー細胞と呼ばれる。比較的まれ。50〜60歳以上に好発する。
皮膚の悪性リンパ腫の一種。比較的まれ。50〜60歳以上に好発。代表的な症状は、全身の皮膚病変(紅皮症)とリンパ節腫脹です。
皮膚病変はかゆみ、脱毛、落屑(らくせつ:皮膚が角質となってはげおちること)、むくみ、苔癬化(たいせんか:ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態)、手のひらや足の裏の硬化とひび割れ、爪の変型など。
全身のリンパ節に病変が及び、血液内にもセザリー細胞が増殖していくため、皮膚に対する治療と同時に化学療法を行う。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »