【9/28(土)開催 胃がんキャラバン in 東京 どんな質問にも答えます!】参加申込受付中!

膵臓がん

ソウルの女王アレサ・フランクリンさん、76歳で死去

2018.08.22

  • ピックアップ

「ソウルの女王(クイーン・オブ・ソウル)」として知られた米歌手アレサ・フランクリンさんが16日、デトロイトの自宅で死去した。76歳だった。 続きを読む https://goo.gl/ms68mu ニュ ...

第31回OMCE 膵がんセミナーレポート

2018.08.08

  • オンコロブログ
  • ニュース

講演タイトル:『膵がん』 演    者:古瀬 純司 先生(杏林大学医学部腫瘍内科 教授) 日    時:7月27日(金) 場    所:日本橋ライフサイエンスハブ 今月は、膵がんをテーマにご来場頂きま ...

食欲中枢に作用するアナモレリンが消化器がんの「がん悪液質」に有効な可能性

2018.07.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・がん悪液質は、がん患者の70%に発現し、QOLを著しく低下させる。 ・アナモレリンは「空腹ホルモン」といわれるグレリンに似た薬剤であり、食欲中枢に作用する。 ・アナモレリン ...

切除後膵管腺がん患者に対する術後療法としてmFOLFIRINOX併用療法、ゲムシタビン単剤療法よりも無病生存期間(DFS)を改善する

2018.06.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PRODIGE 24/CCTG PA.6試験とは18歳以上の切除後3~12週後の非転移性膵管腺がん患者に対して術後療法としてゲムシタビン単剤療法とmFOLFIRINOX併用 ...

切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する術前化学療法としての化学療法+CTGFモノクローナル抗体薬Pamrevlumab、切除率33.3%を示す

2018.06.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・本試験は切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する術前化学療法として完全ヒト型抗CTGFモノクローナル抗体薬であるPamrevlumabの上乗せ効果の安全性、有効性を検 ...

RET融合遺伝子陽性進行性固形がん患者に対するLOXO-292、全奏効率(ORR)69%を示す

2018.06.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・LOXO-292の主な治療関連有害事象(TRAE)は倦怠感、下痢、呼吸困難であり、グレード3以上の治療関連有害事象(TRAE)は確認されなかった ・RET融合遺伝子陽性進行 ...

治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す

2018.06.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・膵がん患者の約9%は生殖細胞系または体細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有しており、BRCA1/2遺伝子変異陽性卵巣がんなどで臨床的意義が確認されているPARP阻害薬の治療効 ...

Borderline resectable 膵がん患者に対する術前化学療法としてのFOLFIRINOX療法、R0切除率65%を示す

2018.05.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・Borderline resectable 膵がん患者に対する術前化学療法としてのFOLFIRINOX療法はR0切除率65%を示した ・FOLFIRINOX療法後に手術を実 ...

73種類のがん変異血液で、大腸や胃など国立がんセンターが治験

2018.03.22

  • ピックアップ

国立がん研究センター東病院は13日、大腸がんや胃がんなどに関係する73種類の遺伝子異常を血液で調べて治療に役立てる医師主導の治験を始めたと発表した。 続きを読む https://goo.gl/qqiJ ...

抗CTGFモノクローナル抗体薬Pamrevlumab(FG-3019)、切除不能局所進行膵がん(LAPC)の適応で米国食品医薬品局(FDA)よりファスト・トラック指定

2018.03.14

  • ニュース

2018年3月1日、FibroGen社のプレスリリースにて切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する完全ヒト型抗CTGFモノクローナル抗体薬であるPamrevlumab(FG-3019)が米国食品 ...

血液検査CancerSEEK、8種類のがんで早期発見率70%を示す

2018.03.13

  • ニュース

2018年1月18日、医学誌『Science』にて血中タンパク質レベルとセルフリーDNAの変異より、卵巣・肝臓・胃・膵臓・食道・大腸・肺・乳がんの8種類のがんを検出可能な血液検査であるCancerSE ...

膵管腺がん患者に対するFAK阻害薬Defactinib+キイトルーダ+ジェムザール併用療法、良好な忍容性を示す

2018.02.26

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、膵管腺がんを含む進行性固形が ...

再発転移性膵腺がん患者さんに対するウイルス療法REOLYSIN (pelareorep) +キイトルーダ+化学療法併用療法、良好な忍容性を示す

2018.02.26

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、再発転移性膵腺がん患者に対す ...

NTRKまたはROS1遺伝子再構成を有する転移性膵がんに対するエヌトレクチニブ、3人の患者で奏効を示す

2018.02.10

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、NTRKまたはROS1遺伝子 ...

進行性固形がんに対するベリパリブ+オキサリプラチン+ゼローダ併用療法、安全性は高く忍容性も良好である

2018.02.08

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、進行性固形がん患者に対するポ ...

未治療の転移性膵管腺がんに対するオプジーボ+ジェムザール+アブラキサン+パリカルシトール併用療法、客観的奏効率(ORR)80%を示す

2018.02.01

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、未治療の転移性膵管腺がん患者 ...

膵がん治療薬の開発なるか 島根大と高校生が共同研究

2018.01.15

  • ピックアップ

5年生存率が低く、島根県内に患者が多い膵臓のがんを治す方法を見つけようと、島根大医学部と県立出雲高校の生徒たちが共同で研究を進めている。 続きを読む https://www.asahi.com/art ...

星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳

2018.01.06

  • ピックアップ

楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。 続きを読む https://goo.gl/rLVHGx ニュース選定者:可知 健太 引用元:Sponichi Annex ht ...

誰でもがんと闘う権利がある」都会の仕事を捨てて、がん患者のために活動する夫婦

2017.12.18

  • ピックアップ

母親の闘病をきっかけに、人生を大きく変えたカップルがいる。 2人がニューヨーク州を離れて、ノースカロライナ州にあるザックさんの実家に戻ったのは、母親のすい臓がん発症がきっかけだ。 続きを読む http ...

“尿1滴でがん診断”、マイクロRNAでの実現に道

2017.12.18

  • ピックアップ

名古屋大学は2017年12月16日、九州大学、国立がん研究センター研究所、大阪大学と共同で、肺や膵臓、肝臓、膀胱、前立腺などのがんを1mlの尿から特定する技術を開発したと発表した。 続きを読む htt ...