新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

膵臓がん

13歳の少年がAIを利用した膵臓がんの治療法を開発する

2018.11.15

  • ピックアップ

がんが発症する部位はいろいろありますが、膵臓がんが見つかるのはほとんど末期になってからなので、生存率は極端に低いのだそうです。 それを知って研究を始めた、プログラム好きの13歳のリシャブ・ジェイン君。 ...

松浪健四郎氏 すい臓がんを告白 ステージ1「大した状況ではない」

2018.11.07

  • ピックアップ

日本体育大学理事長で日本レスリング協会副会長の松浪健四郎氏が27日、都内で行われた日体大柔道部の祝賀会に出席し、すい臓がんを患い治療していることを明かした。 早期発見で「ステージ1」だと明かし、手術を ...

検診における、「生存率が○○倍に」という表現の罠―ガッテン!と尾道方式

2018.10.25

  • ピックアップ

死亡者数が年々増加している、すい臓がん。 早期発見できる確率が極端に低く、がんの中でも特に恐ろしいがんとされています。 ところが、その生存率を全国平均の約2倍にまで高めている町が!それは広島県尾道市。 ...

【第34回 膵がん】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts2020

2018.10.19

  • イベント

オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー 認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構(WJOG)、7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン、がん情報サイト「オンコロ」(3Hクリニカルトライアル株式会 ...

血液中分岐鎖アミノ酸濃度と膵臓がん罹患の関連について

2018.09.21

  • ピックアップ

平成2年と平成5年に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の10保健所管内にお住まいだった40~69歳の約3万人の ...

ソウルの女王アレサ・フランクリンさん、76歳で死去

2018.08.22

  • ピックアップ

「ソウルの女王(クイーン・オブ・ソウル)」として知られた米歌手アレサ・フランクリンさんが16日、デトロイトの自宅で死去した。76歳だった。 続きを読む https://goo.gl/ms68mu ニュ ...

第31回OMCE 膵がんセミナーレポート

2018.08.08

  • オンコロブログ
  • ニュース

講演タイトル:『膵がん』 演    者:古瀬 純司 先生(杏林大学医学部腫瘍内科 教授) 日    時:7月27日(金) 場    所:日本橋ライフサイエンスハブ 今月は、膵がんをテーマにご来場頂きま ...

食欲中枢に作用するアナモレリンが消化器がんの「がん悪液質」に有効な可能性

2018.07.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・がん悪液質は、がん患者の70%に発現し、QOLを著しく低下させる。 ・アナモレリンは「空腹ホルモン」といわれるグレリンに似た薬剤であり、食欲中枢に作用する。 ・アナモレリン ...

切除後膵管腺がん患者に対する術後療法としてmFOLFIRINOX併用療法、ゲムシタビン単剤療法よりも無病生存期間(DFS)を改善する

2018.06.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PRODIGE 24/CCTG PA.6試験とは18歳以上の切除後3~12週後の非転移性膵管腺がん患者に対して術後療法としてゲムシタビン単剤療法とmFOLFIRINOX併用 ...

切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する術前化学療法としての化学療法+CTGFモノクローナル抗体薬Pamrevlumab、切除率33.3%を示す

2018.06.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・本試験は切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する術前化学療法として完全ヒト型抗CTGFモノクローナル抗体薬であるPamrevlumabの上乗せ効果の安全性、有効性を検 ...

RET融合遺伝子陽性進行性固形がん患者に対するLOXO-292、全奏効率(ORR)69%を示す

2018.06.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・LOXO-292の主な治療関連有害事象(TRAE)は倦怠感、下痢、呼吸困難であり、グレード3以上の治療関連有害事象(TRAE)は確認されなかった ・RET融合遺伝子陽性進行 ...

治療歴のあるBRCA1/2遺伝子変異陽性進行性転移性膵がんに対するPARP阻害薬ルカパリブ、客観的奏効率(ORR)15.8%を示す

2018.06.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・膵がん患者の約9%は生殖細胞系または体細胞系BRCA1/2遺伝子変異を有しており、BRCA1/2遺伝子変異陽性卵巣がんなどで臨床的意義が確認されているPARP阻害薬の治療効 ...

Borderline resectable 膵がん患者に対する術前化学療法としてのFOLFIRINOX療法、R0切除率65%を示す

2018.05.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・Borderline resectable 膵がん患者に対する術前化学療法としてのFOLFIRINOX療法はR0切除率65%を示した ・FOLFIRINOX療法後に手術を実 ...

73種類のがん変異血液で、大腸や胃など国立がんセンターが治験

2018.03.22

  • ピックアップ

国立がん研究センター東病院は13日、大腸がんや胃がんなどに関係する73種類の遺伝子異常を血液で調べて治療に役立てる医師主導の治験を始めたと発表した。 続きを読む https://goo.gl/qqiJ ...

抗CTGFモノクローナル抗体薬Pamrevlumab(FG-3019)、切除不能局所進行膵がん(LAPC)の適応で米国食品医薬品局(FDA)よりファスト・トラック指定

2018.03.14

  • ニュース

2018年3月1日、FibroGen社のプレスリリースにて切除不能局所進行膵がん(LAPC)患者に対する完全ヒト型抗CTGFモノクローナル抗体薬であるPamrevlumab(FG-3019)が米国食品 ...

血液検査CancerSEEK、8種類のがんで早期発見率70%を示す

2018.03.13

  • ニュース

2018年1月18日、医学誌『Science』にて血中タンパク質レベルとセルフリーDNAの変異より、卵巣・肝臓・胃・膵臓・食道・大腸・肺・乳がんの8種類のがんを検出可能な血液検査であるCancerSE ...

膵管腺がん患者に対するFAK阻害薬Defactinib+キイトルーダ+ジェムザール併用療法、良好な忍容性を示す

2018.02.26

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、膵管腺がんを含む進行性固形が ...

再発転移性膵腺がん患者さんに対するウイルス療法REOLYSIN (pelareorep) +キイトルーダ+化学療法併用療法、良好な忍容性を示す

2018.02.26

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、再発転移性膵腺がん患者に対す ...

NTRKまたはROS1遺伝子再構成を有する転移性膵がんに対するエヌトレクチニブ、3人の患者で奏効を示す

2018.02.10

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、NTRKまたはROS1遺伝子 ...

進行性固形がんに対するベリパリブ+オキサリプラチン+ゼローダ併用療法、安全性は高く忍容性も良好である

2018.02.08

  • ニュース

2018年1月18日より20日までアメリカ合衆国・カルフォルニア州・サンフランシスコで開催されている消化器癌シンポジウム(ASCO-GI2018)のポスターセッションにて、進行性固形がん患者に対するポ ...