【薬剤師さんの参加者募集中】進行・再発の非小細胞肺がんの患者さん、薬剤師の方対象のインタビュー調査にご協力ください

ポマリスト

多発性骨髄腫、エムプリシティがポマリストデキサメタゾンとの併用療法で適応追加承認申請

2019.02.27

  • ニュース

2月27日、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、SLAMF7抗体エロツズマブ(商品名エムプリシティ)について、再発又は難治性の多発性骨髄腫の適応で、ポマリドミド(商品名ポマリスト)およびデキサ ...

VRd導入療法後の再発難治性多発性骨髄腫患者に対するPCd療法、客観的奏効率85%を示す

2018.12.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ポマリドミド+シクロホスファミド+デキサメタゾン併用療法の有効性を検証した第2相試験の結果が公表された ・対象はベルケイド+レブラミド+デキサメタゾン併用療法後の再発難治性 ...

再発難治性多発性骨髄腫に対するエンプリシティ+ポマリスト+デキサメタゾンで無増悪生存期間を有意に延長

2018.11.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者対象の第2相試験 ・エンプリシティ+ポマリスト+デキサメタゾン併用療法の無増悪生存期間等を検証 ・無増悪生存期間を統計学有意に改善 ...

治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫(RRMM)患者に対する抗SLAMF7モノクローナル抗体薬エンプリシティ+ポマリスト+デキサメタゾン併用療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する

2018.07.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ELOQUENT-3試験とは、プロテアソーム阻害薬(PI)、免疫調節薬(IMiDs)を含む2レジメン以上の治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫(RRMM)患者に対して抗SLA ...

再発難治性または新規多発性骨髄腫(MM)患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダの免疫関連副作用(irAE)と客観的奏効率(ORR)の関係性

2018.06.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・本報告では、再発難治性または新規多発性骨髄腫(MM)患者に対して抗PD-1抗体薬であるキイトルーダを投与し、その結果免疫関連副作用(irAE)を発症した患者と発症しなかった ...

レブラミド治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対するポマリスト+ベルケイド+デキサメタゾン(PVd療法)、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する

2018.06.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・OPTIMISMM試験とは、レブラミド2サイクル以上の治療歴を含む少なくとも1レジメン以上の治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対するポマリスト+ベルケイド+デキサメタ ...

複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫に対する選択的核外輸送タンパク質阻害剤(SINE)であるSelinexor+デキサメタゾン併用療法、主要評価項目である全奏効率(ORR)を達成

2018.05.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対してSelinexor+デキサメタゾン併用療法は主要評価項目である全奏効率(ORR)25.4%を示した ・副次評価項目であるS ...

中等度から重度腎障害を有する再発難治性多発性骨髄腫に対するポマリスト+デキサメタゾン併用療法、病勢コントロール率は約80%を達成

2018.03.20

  • ニュース

2018年2月2日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて中等度から重度腎障害を有する再発難治性多発性骨髄腫患者に対するポマリドミド(商品名ポマリスト;以下ポマリスト) ...

多発性骨髄腫の新薬ポマリスト(ポマリドミド)の治療を受ける前に知っておきたいこと

2017.05.07

  • 臨床試験(治験)一覧

多発性骨髄腫の新薬ポマリスト(ポマリドミド)について 多発性骨髄腫の治療薬はベルケイド(ボルテゾミブ)とレブラミド(レナリドミド)が現在のところ標準治療とされています。 多発性骨髄腫という病気は治癒が ...

2015年 がん関連承認薬剤および承認申請薬剤 一覧

2016.01.02

  • ニュース

がん関係の薬剤の2015年の承認および新規申請をまとめました。 *「新」は新規薬剤、「追」は適応追加です。