【2/21(金)開催 OMCEセミナー『がんとアピアランス』申込み受付中!】

多発性骨髄腫の新着ニュース


  • [公開日]2017.04.19
  • [最終更新日]2019.02.17

多発性骨髄腫の新着ニュースをご紹介しています。

「全国がん登録」制度がスタートしました。

2016.01.05

  • オンコロブログ

2016年1月から「全国がん登録」制度がスタートしました。 この「全国がん登録」とは簡単にいうと、がんになった全ての人の情報を登録して国でデータベース化をするというものです。これにより、精度の高い罹患 ...

2015年 がん関連承認薬剤および承認申請薬剤 一覧

2016.01.02

  • ニュース

がん関係の薬剤の2015年の承認および新規申請をまとめました。 *「新」は新規薬剤、「追」は適応追加です。

再発・難治性多発性骨髄腫 SLAMF7標的製剤 エロツズマブ 国内承認申請

2015.12.25

  • ニュース

■この記事のポイント ・再発・難治性多発性骨髄腫適応として、免疫系にも作用するエロツズマブが国内にて承認申請された。 ・米国では、11月末に承認されたばかり。日本では希少疾病用医薬品指定済。 ・多発性 ...

多発性骨髄腫治療展望 レブラミド 未治療時適応承認、米国にてイキサゾミブ 発売開始

2015.12.23

  • ニュース

■この記事のポイント ・多発性骨髄腫全般にレブラミドが使用可能に。 ・米国では初の経口プロテアソーム阻害薬であるイキサゾミブが発売。 ・2015年は様々な薬剤が承認され、多発性骨髄腫治療が発展した年と ...

未治療の多発骨髄腫患者に対するSLAMF7抗体エロツズマブの併用療法第2相試験

2015.12.20

  • 臨床試験(治験)一覧

この試験の被験者募集は終了しております。 <一般的な説明> 試験概要 この治験は、日本人の未治療の多発骨髄腫患者に対して、エロツズマブ(エムプリシティ)/レナリドミド(レブラミド)/低用量デキサメタゾ ...

再発性または難治性多発骨髄腫 ダラツムマブ併用療法の安全性を確認する第1相試験

2015.12.14

  • 臨床試験(治験)一覧

<一般的な説明> 試験概要 この治験は、日本人の再発性または難治性多発骨髄腫に対して、ボルテゾミブ(ベルケイド)及びデキサメタゾン(デカドロン、レナデックス)にダラツムマブを併用使用したときの安全性を ...

治療歴を有す多発性骨髄腫 SLAMF抗体エロツズマブ 米国承認

2015.12.02

  • ニュース

■この記事のポイント ・SLAMF7抗体エロツズマブが治療を受けたことのある多発性骨髄腫にて米国で承認 ・エロツズマブはナチュラルキラー細胞活性を有する。多発性骨髄腫適応として、初の免疫刺激抗体となる ...

がん患者のための医療フォーラム 来年8月6日、7日開催決定 東京日本橋にて

2015.12.01

  • ニュース

12月1日、特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンは、2016年8月6~7日に、がんを「知り」「学び」「集う」ことを目的とした、がん患者のための医療フォーラム「JapanCancer Forum ...

医薬品第二部会 非小細胞肺がんオプジーボ 多発性骨髄腫レブラミド等 効能了承

2015.11.30

  • ニュース

11月30日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、進行非小細胞肺がんのオプジーボ、多発性骨髄腫のレブラミド、皮膚T細胞性リンパ腫がタルグレチンが了承されました。

がんによる体重減少 アナモレリンが有用な可能性 日本肺癌学会

2015.11.30

  • ニュース

11月26日~28日に実施した第56回日本肺癌学会学術集会のプレナリーセッション(本会議にて最も重要な演題発表の1つ)にて、「非小細胞肺がんに伴う悪液質に対するONO-7643(アナモレリン)第2相試験」の