新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

多発性骨髄腫の新着ニュース


  • [公開日]2017.04.19
  • [最終更新日]2019.02.17

多発性骨髄腫の新着ニュースをご紹介しています。

多発性骨髄腫の新薬ニンラーロ(イキサゾミブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2016.12.02

  • 臨床試験(治験)一覧

多発性骨髄腫とニンラーロ(イキサゾミブ)について 経口薬のみで治療できる時代が多発性骨髄腫にも遂にやってきました。なぜなら、経口プロテアソーム阻害薬であるイキサゾミブ(ニンラーロ)が発売されるからです ...

後期大規模臨床試験に失敗した開発薬候補のデータ公表状況 JAMA Internal Medicine

2016.12.02

  • ニュース

大規模試験や第3相試験など、臨床開発も大詰めを迎えた開発薬候補の約半数は、承認取得に至ることなく失敗に終わっており、それらのほとんどは論文査読のある専門誌などへのデータ公表がなされていないという調査結 ...

多発性骨髄腫史上初!がん免疫療法薬エンプリシティ(エロツズマブ)が注目されるその理由

2016.11.29

  • ニュース

2016年9月9日、多発性骨髄腫の新薬エンプリシティ(エロツズマブ)の製造承認がおりました。 これまで多発性骨髄腫の治療薬としては、免疫調整薬のサレド、レナリドミド、プロテアーソム阻害薬のベルケイドが ...

多発性骨髄腫の新薬カイプロリス(カルフィルゾミブ)とベルケイド(ボルテゾミブ)の違い

2016.11.29

  • ニュース

2016年8月31日に日本でも多発性骨髄腫の新薬カイプロリスが発売となりました。 多発性骨髄腫の新薬としては、サレド、ベルケイド、レナリドミド、ポマリスト、ファリーダックに次ぐ6剤目で、プロテアーソム ...

多発性骨髄腫の新薬エンプリシティ(エロツズマブ)について

2016.11.29

  • ニュース

多発性骨髄腫は骨髄中にある形質細胞の異常により引き起こされる血液がんの一種で、日本国内における総患者数は約 18,000 人と報告されている。 過去10年、多発性骨髄腫はサレド、レブラミド、ベルケイド ...

多発性骨髄腫の新薬カイプロリス(カルフィルゾミブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

2016.11.29

  • 臨床試験(治験)一覧

多発性骨髄腫の新薬カイプロリス(カルフィルゾミブ)について がんの一種で、日本国内における総患者数は約 18,000 人と報告されている。 過去10年、多発性骨髄腫はサレド、レブラミド、ベルケイドなど ...

多発性骨髄腫 初の抗体医薬エロツズマブ(エムプリシティ)発売

2016.11.21

  • ニュース

11月18日、ブリストル・マイヤーズ スクイブは、抗SLAMF7(エスラムエフセブンSignaling Lymphocyte Activation Molecule Family member 7)抗 ...

第9回OMCE がんと医療情報(後藤先生)レポート

2016.11.02

  • オンコロブログ

講演タイトル:『がんと医療情報』 演者:    後藤 悌先生 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科医員) 日時:    9月23日(金)19時 場所:    秋葉原・ジーニアスホール 今回のテー ...

第7回OMCE 放射線・重粒子線・陽子線治療 ほんとのところ(唐沢先生)レポート

2016.11.01

  • オンコロブログ

講演タイトル:『放射線・重粒子線・陽子線治療 ほんとのところ』 演者:    唐沢 久美子 先生 (東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座 教授) 日時:    6月24日(金)19時 場所:    秋葉 ...

新規抗がん剤によるコストの増加と余命の延長~10年前より727万円コスト増、13カ月余命延長~ Health Affairs

2016.10.03

  • ニュース

全世界で抗がん剤によるコストは最近の20年で急速に増加している。日本でも、抗ウイルス薬レジパスビル/ソホスブビル(ハーボニー)や免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(オプジーボ)といった薬剤の規定外の ...